Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > よくある質問 > 年末に喪中はがきが間に合わなかった…。どうすればいい?

年末に喪中はがきが間に合わなかった…。どうすればいい?

喪中はがきが間に合わなかった場合は、寒中見舞いを出すのがよいでしょう。

喪中はがきが間に合わなかったときは?

年内に身内に不幸があった場合は、年賀状が出せないということを伝えるために喪中はがきを送ります。この喪中はがきはだいたい11月下旬から12月初旬ごろに届くように送るのが一般的ですが、亡くなった時期によっては喪中はがきが間に合わないということもあるでしょう。その場合は、年が明けてから寒中見舞いとしてハガキを送るのが良いとされています。

 

寒中見舞いの書き方

喪中はがきを送ることができなかった場合の寒中見舞いには、「寒中お見舞い申し上げます」という文言の後は、時候の挨拶に続いて年賀状のお礼と、服喪中であること、間柄によっては、連絡が遅くなったことを詫びる文言を入れてもよいでしょう。そのうえで、本年もよろしくお願いしますといった文言を添えて、新年のご挨拶とします。拝啓や敬具などはつける必要はありません。

最後に、「令和○年 一月」と漢数字で日付を入れます。枚数が少ない場合は手書きでもよいですし、もちろん印刷業者などに依頼して作ってもらってもかまいません。

 

寒中見舞いを出すときの注意点

寒中見舞いは、お正月が明ける1月8日から、節分の2月2日までの間に送るのがならわしですので、その期間に届くように送ります。はがきは年賀はがきを使わず、普通のハガキに印刷するようにしましょう。また、官製はがきを使わない場合は切手を貼る必要がありますが、その時にも花柄などの華やかなものは避けるようにして、シンプルなものを貼るようにします。

郵便局で購入するときに、喪中の寒中見舞いに貼る旨を伝えれば、適したものを出してもらえるでしょう。喪中はがきが間に合わなくて年賀状を出せなかった人に対してだけではなく、喪中はがきが届いたから年賀状を出さなかった相手に対しても、寒中見舞いであれば送ることができますので、お正月を過ぎてから寒中見舞いを出すのもよいでしょう。

 

まとめ

喪中はがきが間に合わなかった場合は、年が明けてから寒中見舞いを送るのが一般的です。1月8日~2月2日に届くように、寒中見舞いで挨拶をするとよいでしょう。

年賀はがきを使わず普通のハガキを使い、切手を貼る場合も華やかなものは避けるのがマナーです。喪中はがきを受け取った側が、年賀状の代わりに寒中見舞いを送る場合もあります。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る