千年オリーブの森 堺・和泉

sakai-izumi

霊園の特長

 

永代供養付 樹木葬専門大型霊園

 

ハピネスパーク 千年オリーブの森® 堺・和泉

 

合祀ごうしされない、樹木葬のみの霊園。

 

壮大な樹齢千年オリーブ

2021年に「自然と共に永遠に眠れる」をコンセプトとした樹木葬「千年オリーブの森 堺・和泉」をオープンいたしました。

オリーブの樹は平和と繁栄の象徴といわれ、数えきれないほどたくさんの季節を重ねた、樹齢千年のオリーブの巨木がシンボルツリーになっており、平和の象徴であるオリーブの樹のもとに、ご遺骨を納め、自然に還る場を提供しています。

 

オリーブに込められた想い

霊園内のオリーブは、プラントハンターの西畠清順氏に選んでいただき、スペインから運ばれてきました。数えきれない程の季節を重ねたオリーブは、多くの人の生まれ変わりを何十回も見てきた守護神のような樹です。寿命が3000年と言われるオリーブは、この地でずっと我々を見守りながら、これからも毎年毎年実をつけ、我々の生まれ変わりとして見守ってくれることでしょう。

今までの樹木葬の問題を解決した新霊園

 

樹木葬は「子供へ負担をかけたくない」「身寄りやお墓の継承者がおらず、不安」「お墓の維持・管理費用を抑えたい」など、そのような方にとって新たな選択肢の一つとなっています。当霊園は管理費不要・永代供養付で、一度納骨すると永久的に合祀されないので、同じ場所で親しい方と安心して永遠に眠ることができます。

 

千年オリーブの森 堺・和泉の特長

2021年に「自然と共に永遠に眠れる」をコンセプトとした樹木葬「千年オリーブの森 堺・和泉」をオープンいたしました。

オリーブの樹は平和と繁栄の象徴といわれ、数えきれないほどたくさんの季節を重ねた、樹齢千年のオリーブの巨木がシンボルツリーになっており、平和の象徴であるオリーブの樹のもとに、ご遺骨を納め、自然に還る場を提供しています。

 

  • 開放感があり淡路島が望める

    霊園入口から見える景色は電線などの視界を遮るものがなく、全ての場所で日当たりが良く明るく、開放感を感じられ、暗いイメージ持たれている方には「まぁ!」と思ってもらえる場所。晴れた日には遠くに淡路島が望める。

  • 戻ってきた京都市電

    堺和泉に来た電車は、以前堺市で造られ堺和泉に帰ってきた。電車は出会いと別れの象徴でもあり、お墓を継承していく子供たちの記憶に残る場所とし、楽しい記憶として残ればお墓参りの大切さを次の世代に残していくことができる。

  • 50歩で行ける水汲み場

    すべての墓所から約50歩で行ける場所に水場を設置しているので混雑する事や水の持ち運びに対する「重たい・しんどい」を解消する事が出来るため、老若男女に優しい。

  • 立地が良くお墓参りが生活の一部に

    アクセスは泉北高速鉄道沿いや外環状線、阪和自動車道という大きい道からも来やすい場所にあり、高齢化が進み車に乗らなくなっても光明池から南海バスが出ており霊園まで来ることが出来るから思い立った時にお参りに行ける立地。

  • 樹齢千年オリーブとともに眠れる

    日本には樹齢千年を超える古木があまりない中、霊園の中にシンボルとしてオリーブの樹が鎮座し、この先もずっと我々や故人を見守ってくれる。春には道路沿いの桜が咲き、霊園内からは淡路島を望む眺望が良く自然に囲まれ野鳥の声が聞こえる。

  • 様々な人に優しいバリアフリー

    ただバリアフリーをうたっているだけでなく、霊園までの道のりも急な坂や段差がない。もちろん、駐車場からお墓の前までも完全にフラットで近いからお参りしやすい。車いすが通るまた旋回できる十分な通路幅がある。

ギャラリー
※クリックすると拡大して見る事ができます。

私達の想い

忘れられない空間を創ることにより永遠にその場で幸せに眠ってほしい

 

 

人は2回悲しい時がある。

 

一度目は肉体が死を迎えた時、二度目は人々の記憶から、忘れ去られたときです。

ハピネスパーク千年オリーブの森 堺・和泉では、忘れさられない、人が集まる霊園創りをしてまいります。

 

樹木葬を考えている方々が一番悩んでいる事

樹木葬を考えている方々が一番悩んでいる事は、のちのちはいずれ合祀(ごうし)されないか?という悩みでした。千年オリーブの森では、一度納骨すると合祀(ごうし)したりすることはありません。後々の永代供養地での管理費はかかりません。永遠に家族とだけ眠れ千年オリーブに見守られ、眠っていただきます。

弊社の生き方は、このオリーブのように、常に相手の立場に立ち、幸せな空間を創ることが使命です。樹齢千年のオリーブのふもとで、永遠に引き継いでいきます。

株式会社西鶴 代表取締役 山本 一郎