Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A

Q&A一覧

 

最近耳にする「墓檀家」とは何ですか?

お墓にまつわることだけ特定のお寺にお世話になるシステムです。
もともとの「檀家」と「墓檀家」は何が違う? 日本では昔から檀家制度が一般的でした。江戸時代の寺請制度(てらうけせいど)によって、すべての世帯はどこかの寺院の檀...続きを読む

ここでおさらい、墓地、お墓の種類。

お墓には、公営墓地や民営墓地のほか、寺院、納骨堂などいろいろな種類があります。
それぞれのお墓の特徴を知ったうえで検討するようにしましょう。 お墓といっても、どこが運営していてどのように管理を行うかなど、種類によってかなりの違いがあります...続きを読む

関東と関西では好む色が違う?墓石の色選びのポイント3つ。

墓石の色を選ぶときは、墓地の雰囲気や耐久性なども確認しましょう。
同じ御影石でも色はいろいろ違います。 日本の墓地で使われている墓石は、ほとんどが御影石です。墓地に行くと、白っぽい墓石や黒っぽい墓石など、いろいろな色の墓石が...続きを読む

散骨のメリットとデメリットには何がありますか?

自然に還るというロマンと、遺族の負担が小さいのが散骨のメリットです。
散骨にはメリット・デメリットがあるので、両面から検討する必要があります。 散骨とは 散骨とは、遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海や山に撒くことで供養とするも...続きを読む

他人と同じ墓に入る?!「墓友」とは何ですか?またそのメリットと注意点は?

墓友とは、一緒にお墓に入る友人のことです。
親族ではなく、友達とお墓に入りたいという人が増えています。 お墓は本来「家」単位で受け継いでいくものです。亡くなったらその家のお墓に入り、子どもや孫などその家...続きを読む

生前墓とは何ですか?そのメリットと注意点には何がありますか?

生きているうちに建てる自分のお墓が生前墓です。
生前墓にはメリットもありますが、注意すべきこともいくつかあります。 生前墓とは 生前墓とは、生きている間に建てる自分のお墓で、寿陵ともよばれる縁起のよいもの...続きを読む

お墓の中にスペースがない?お墓がいっぱいになった際はどうすればいいですか?

古いお骨を土に返すなどの方法で、スペースを空けるのが一般的です。
スペースがなくなったら新しくお墓を建てなくてはいけないの? お墓への納骨は、一般的に骨壺にお骨を入れた状態で行うため、長年使っているお墓は骨壺でいっぱいに...続きを読む

気になる!「お墓ディレクター」とはどんな資格ですか?

お墓ディレクターとは、お墓についての十分な知識があることを認める資格です。
お墓についての相談は、お墓ディレクターにするのが安心です。 お墓ディレクターとは、お墓についての幅広い知識を持つことを認める資格で、日本石材産業協会によっ...続きを読む

お葬式の後に訃報を知った場合はどうすればいいですか?

連絡の上、弔問に行けそうなら行くようにします。
ご遺族の負担にならないようにするのがマナーです。 連絡の手違いなどで、訃報を知ったのがお葬式の後になるケースはあるでしょう。本来であれば、お通夜や告別式に...続きを読む

急なお葬式にも慌てない。普段から揃えておきたい服装と小物には何がありますか?

喪服や、喪服を着た時に必要になる小物一式は揃えておきましょう。
お葬式やお通夜は急な参列が多いので、普段から服装や小物は用意しておく必要があります。 結婚式などと違い、お葬式やお通夜は事前に参列が分かっているものではあ...続きを読む

1 / 1212345...10...最後 »