Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A

Q&A一覧

 

元気なうちに準備しておいて安心。生前墓のメリット4つ。

税金対策や終活の一環として生前墓を準備する人が多くなっています。
生前墓とは 生前墓とは、生前に建てるお墓です。入るべきお墓がない場合、亡くなってから納骨までの間にお墓を探して遺族が建てる、ということになりますが、最近では生...続きを読む

身元引受人と成年後見人、何が違いますか?

混同されがちな身元引受人と成年後見人ですが、この二つは役割が異なります。
身元引受人と成年後見人 高齢者施設に入居するときなどには、身元引受人の指定を求められることがあります。また、それとは別に成年後見人を設定している人もいます。こ...続きを読む

自分が望む最期のために今から考えておきたい、死後事務とは?気になる費用は?  

人が亡くなった後に必要になる事務作業を誰にお願いするのか考えておくことは大切です。
死後事務とは 人が亡くなった後には、さまざまな事務作業が必要になります。亡くなったことを家族や知人に連絡したり、葬儀や埋葬の手続き、役所などへの届け出、医...続きを読む

嘘も方便、渡りに船など、よく使われている日常の中の意外な仏教用語4~ことわざ~

普段使っていることわざの中にも、仏教用語から由来するものがあります。
仏教由来のことわざ 私たちが普段何気なく使っていることわざの中には、仏教用語を由来とするものがたくさんあります。ここではそうしたことわざをご紹介しましょう。 ...続きを読む

お葬式(忌引き)で学校や会社を休めるのは何日くらい?事前連絡や忌引き明けの対応など、注意点は?

親族が亡くなった場合は、忌引きとして学校や仕事を休むことになります。
忌引きの日数  忌引きの日数は、公的に決められているわけではありません。学校や会社の規定で決められているものですので、必要になったとき確認するとよいでしょう。...続きを読む

そろそろ?終活は何歳、いつから始めればいい?

終活を始めるタイミングは人それぞれなので、始めたいときに始めればよいのです。
終活を始めるタイミング 終活という言葉はずいぶん一般的に使われるようになりましたが、それでも自分のこととなると「まだ大丈夫」と先延ばしにしがちです。終活として...続きを読む

見守りから葬儀の生前契約まで、自治体から受けられる終活サポートにはどんなのがある?

多くの自治体では、思ったより幅広い終活サポートを行っているので相談してみるとよいでしょう。
自治体の行う終活サポート 高齢化が進んでいることもあり、多くの自治体が終活サービスを行っています。もちろん、近くに親族がいて頼りにできる場合はそちらを頼るのも...続きを読む

定年後でいい?できるだけ早い方がいい?エンディングノートを書く時期について。

エンディングノートを書く時期に決まりはないので、いつ書いてよいのです。
エンディングノートを書く時期 遺言書のように法的な拘束力を持つものではなくても、自分の意志や事務的なことを伝えるためにエンディングノートを書いておこうという人...続きを読む

家族の負担軽減になるが、法的効力はまったくないなど、エンディングノートのメリットとデメリットについて。

法的拘束力がないのはエンディングノートのデメリットですが、手軽に書くことができるなどのメリットもあります。
エンディングノートとは、自分の死後に手続きや遺産などの件で遺族が困らないようにしたり、自分の意思や気持ちについて伝えるためのものです。正式な遺言状とは異なります...続きを読む

悔いのない送り方をしましたか?葬い直し、骨葬、オーダーメイド供養など、今どきの弔い直し。

シンプルな葬儀が増える一方で、物足りなさから弔い直しを行う例も多くなっています。
送り方に悔いを残す人が増えている 高齢化や核家族化が進んだことや、コロナなど感染症の影響もあり、お葬式を小規模に済ませることが多くなっています。故人の遺志とし...続きを読む

1 / 3912345...102030...最後 »