Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A

Q&A一覧

 

お墓の中にスペースがない?お墓がいっぱいになった際はどうすればいいですか?

古いお骨を土に返すなどの方法で、スペースを空けるのが一般的です。
スペースがなくなったら新しくお墓を建てなくてはいけないの? お墓への納骨は、一般的に骨壺にお骨を入れた状態で行うため、長年使っているお墓は骨壺でいっぱいに...続きを読む

気になる!「お墓ディレクター」とはどんな資格ですか?

お墓ディレクターとは、お墓についての十分な知識があることを認める資格です。
お墓についての相談は、お墓ディレクターにするのが安心です。 お墓ディレクターとは、お墓についての幅広い知識を持つことを認める資格で、日本石材産業協会によっ...続きを読む

お葬式の後に訃報を知った場合はどうすればいいですか?

連絡の上、弔問に行けそうなら行くようにします。
ご遺族の負担にならないようにするのがマナーです。 連絡の手違いなどで、訃報を知ったのがお葬式の後になるケースはあるでしょう。本来であれば、お通夜や告別式に...続きを読む

急なお葬式にも慌てない。普段から揃えておきたい服装と小物には何がありますか?

喪服や、喪服を着た時に必要になる小物一式は揃えておきましょう。
お葬式やお通夜は急な参列が多いので、普段から服装や小物は用意しておく必要があります。 結婚式などと違い、お葬式やお通夜は事前に参列が分かっているものではあ...続きを読む

家族で樹木葬を考えていますが、人数制限があると聞きました。一本の木には何親等の何人まで入れるんですか?

樹木葬の人数制限は、そのお墓によって異なります。
1人用から人数無制限まで、樹木葬のお墓はさまざまです。 樹木葬は、木や花を墓標としたお墓のことで、まだ新しい形態ではありますが、最近人気の高まっている供養...続きを読む

両家墓を建てる際の注意点には何がありますか?

墓石にどのように家名を彫るか、墓地をどこにするか、親族の了解など、両家墓を建てるときの注意点はいろいろあります。
両家墓を建てるときの注意点にはどのようなものがあるのでしょうか? 両家墓とは、夫と妻の実家の墓など、2つの家の墓を一緒にしたものです。少子化によって一つの家庭...続きを読む

喪中見舞いとは何ですか?品物を送ることもできますか?

喪中の相手に送る追悼の手紙や品物を喪中見舞いと言います。
寒中見舞いではなく、喪中見舞いを出す人が増えています。 喪中見舞いとは、喪中の人に送る手紙やはがきなどのことを言います。年末、年賀状の準備をする時期の前に...続きを読む

実家の両親で家が途絶えてしまうことが心配で、両家墓を考えています。両家墓の特徴やメリットについて教えてください。

2つの家の墓を1つにまとめる両家墓にすることで、墓の維持や管理がやりやすくなります。
少子化や核家族化によって、両家墓を選ぶ人が増えてきています。 お墓は代々子供から孫へと受け継がれ、お墓参りや供養などを行うのですが、子どもがいなかったり、...続きを読む

仏壇の処分方法について教えてください。また注意点には何がありますか?

仏壇を処分する場合は、まず魂抜きをしなければなりません。
仏壇は、そのまま処分してよいものではありません 引っ越し先に大きな仏壇を置くことができない、仏壇を買い替えることになったなど、さまざまな理由で仏壇を処分しなけ...続きを読む

過去帳とは?またその種類と記入方法は?

過去帳とは、亡くなった人の俗名や戒名、享年、死亡年月日などを記載していく系譜です。
過去帳は仏壇に保管しておく家族の系譜で、お寺に依頼して書いてもらう場合もあります 過去帳とは、亡くなった人の俗名や戒名、享年、死亡年月日などを記載していく系譜...続きを読む