Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 供養 > 仏壇じまい・墓じまいしたが手を合わせたい…。いつでも祈れる手元供養の方法色々。

仏壇じまい・墓じまいしたが手を合わせたい…。いつでも祈れる手元供養の方法色々。

手元供養とは自宅や身近なところで遺骨を保管し、供養する方法です。

仏壇じまい・墓じまい後などは、遺骨や遺灰のすべてを自宅で保管する「全骨安置」、遺骨の一部を保管する「分骨安置」という方法があります。保管方法もさまざまで、骨壷やオブジェを置いたり、ペンダントなどのアクセサリーに加工して身につけることもできます。

 

冒頭で触れている「分骨安置」ですが、手元供養に一部の遺骨・遺灰を保管する方法のため、後の遺骨は別の形で納める必要があります。墓地や寺院へ納骨するほか、散骨・樹木葬・永代供養墓や納骨堂などで合祀することになります。

  

骨壷・ミニ骨壷(納骨容器)

遺骨や遺灰を納めて保管します。デザインやサイズも豊富ですが、コンパクトタイプが一般的なため、遺骨の一部だけを入れることが多いです。

また遺骨を粉砕し、パウダー状にして納めることも珍しくありません。和洋のデザインから選べ、素材は陶器や金属、ガラス製とインテリアに合わせて選ぶことができます。

 

ペンダントなどアクセサリー

一般的に、内部に遺骨や遺髪を収納できるスペースがあるカロートペンダントが人気です。また、遺骨や遺灰を加工するタイプもあります。

ペンダントだけでなく、指輪やキーホルダー、ブレスレットにも対応しています。デザイン・素材も豊富で、ステンレスやチタン、シルバーのほか、ゴールド・プラチナ・ダイヤモンドなど高価なものまで対応してくれます。

 

オブジェ

納骨タイプのオブジェは故人の姿をブロンズ像で再現したものや仏像、フォトスタンドまで多様で、中には文字を刻印できるものもあります。加工タイプは遺骨や遺灰を水晶玉や人造石、セラミックなどで加工し、プレートや花瓶を作ることもできます。

 

ミニ仏壇・ステージ

ステージは、リビングなど家族が集まる場所にミニ骨壷を置く飾り台・ミニ仏壇です。手元供養品や写真と一緒にお花を飾ったり、アロマを焚いたり、故人を想い偲ぶ場所になります。コンパクトサイズで置く場所を選びません。デザイン性の高いステージは種類も豊富です。トレータイプから収納を備えたものまで選択肢も広がるでしょう。

 

まとめ

新しい供養の方法として、一般的になりつつある手元供養を支持する人も増えています。墓じまいがきっかけだったり、住宅の事情であったり、理由はさまざまでしょう。手元供養を行う際は家族でよく話し合い、将来的なことも考えておかなければなりません。手元供養品を持っている方が亡くなった場合はどうするかということも決めておけばいいでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る