Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 供養 > 供養なのに祝儀袋?!開眼供養用の封筒の書き方と香典の相場について。

供養なのに祝儀袋?!開眼供養用の封筒の書き方と香典の相場について。

開眼供養は、納骨式と同時に行うかどうかによって使う袋が異なります。

開眼供養はお祝い

開眼供養とは、仏壇やお墓を購入した後に、魂を入れるための法要です。人が亡くなった時に行うとは限らず、生前にお墓を立てた場合でも、開眼供養を行います。開眼供養は、そうして生前にお墓を立てたタイミングで行う場合もあれば、人が亡くなってからお墓を立て、納骨式と一緒に行う場合もあり、どのタイミングで行うかによって扱いが異なるので参列する際には注意が必要です。

 

開眼供養のみを行う場合

生前にお墓を立てるなどして、開眼供養のみを行う場合は、慶事としてあつかいます。祝儀袋には、紅白の熨斗のついていないものを使い、「開眼御祝」「開眼供養御祝」と表書きを書きます。熨斗がついていない紅白の祝儀袋がない場合は、不祝儀袋の水引だけを変えるとよいでしょう。お渡しするときも「おめでとうございます」と言って渡します。

 

納骨式と一緒に行う場合

亡くなってからお墓を立てる場合は、納骨式と一緒に開眼供養を行うのが一般的です。この場合は、弔事の流れで行いますので、御仏前や御霊前とした不祝儀袋を用意します。開眼供養のための祝儀袋を別に用意する必要はありません。

 

包む金額の相場

開眼供養に招かれたときに包む金額の相場は、親族の場合が1万円程度で、友人や知人の場合は3000~5000円程度になります。これは、開眼供養のみ行われる場合や、納骨式が同時に行われるでも変わりはありませんが、納骨式を同時に行う場合にはやや多めに包むこともあります。ただし、会食が用意されていて、それに出席するのであれば、親族は2万円程度、友人や知人の場合は1万円程度が相場になります。ただし、こうした金額の相場は、地域や家庭によって異なる場合がありますので、地元の人や詳しい親族などに相談して、相場を確認してから包んだほうが安心です。

 

まとめ

お墓や仏壇に魂を入れる法要となる開眼供養に招かれたら、お金を包んで持参しますが、開眼供養のみ行う場合と、納骨式を同時に行う場合ではいれる袋が全く違います。紅白の祝儀袋と、黒白の不祝儀袋になりますので、間違えないように気を付けましょう。包む金額は、友人が5000円、親族は1万円程度ですが、会食がある場合はその分多めに包むことになりますので会食の有無なども事前に確認しておきたいところです。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る