Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 永代供養 > 永代供養墓と納骨堂の違いを教えてください。

永代供養墓と納骨堂の違いを教えてください。

最も違うのは、永代供養墓は、ご遺骨を土に埋める「埋蔵」で、納骨堂は、ご遺骨を預ける「収蔵」ということです。

永代供養墓と納骨堂について

従来のお墓に代わる墓所として、納骨堂や永代供養墓が増えてきていますが、基本的にはどちらもお寺や墓地の管理者が管理をしてくれるという点では共通しています。

まずは、永代供養墓と納骨堂について、それぞれどういったものかをご説明します。

 

永代供養墓とは

永代供養墓とは、あくまで墓地の形式のひとつで、そこを管理するお寺などによって管理や供養が行われるお墓のことです。
ご遺骨をひとつの大きな合祀墓(ごうしぼ)に埋蔵する合祀式が多く、はじめに永代供養料を支払うことによって、毎年の管理料などはかからないのが一般的です。


墓地によっては、一定の期間は個別の墓で供養を行い、その後合祀になるケースもあります。この場合は個別の墓で供養を行う期間は管理料などが発生します。
合祀してしまうと、お骨を取り出すことはできませんので、家族が管理やお参りがなかなかできない場合などは便利な形式です。


法要は、永代供養墓によってお盆とお彼岸に合同で行うもの、祥月命日に行うものなどさまざまです。どのくらいの頻度で供養を行うかによって永代供養料も異なります。相場は、10万円~100万と金額に幅はありますが、これは合祀墓がどのようなものなのか、供養の頻度、地域などによって違います。
永代供養墓は基本的に個人での契約になりますので、子供や孫などの家族が受け継ぐことはできません。

 

納骨堂とは

納骨堂とは、もともとお墓に入れる前のお骨を一時的に安置していた建物を指す言葉です。
しかし、現在ではお墓の代わりにお骨を安置して、お墓のようにお参りができるようにした建物がほとんどです。都市部など、お墓を作る土地がなかなか確保できないところでも、ビルのように高い建物にすることで多くのお骨を収容できるのがメリットです。マンションタイプのお墓としても人気です。
個人で安置するだけでなく、夫婦や家族で安置できるものも多く、家でその場所を受け継いでいくことが可能な場合もあります。


建物の中にあるお墓のため、そのぶん管理料が必要ですが、お墓参りにも行きやすいということで納骨堂を選ぶ人は増えています。
寺院が運営しているもの、公営・民営のものなどさまざまで、仏式以外にも神式やキリスト教式などバリエーションが豊富なのも納骨堂の特徴です。


基本的には、納骨堂での供養も永久に行われるだけではなく、33回忌などの弔い上げを機に合祀墓に移されるものが主流となっています。

 

 

まとめ

永代供養墓と納骨堂はお墓をどうするか迷った時に、よく比較されます。それぞれに特徴や便利なところがありますので、違いをしっかりと理解してから利用するようにしましょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る