Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 永代供養 > 永代供養の「永代」って一般的にいつまでを意味するのでしょうか?

永代供養の「永代」って一般的にいつまでを意味するのでしょうか?

一般的には33回忌までですが、霊園や寺院によって異なるので確認が必要です。

永代供養は永久に供養してくれるということ?

霊園やお寺、納骨堂などで永代供養という契約を結ぶことがあります。これは、遺族がその都度手配や供養をしなくても、霊園などのほうで供養をしてくれるということ。お墓が遠くてなかなか供養ができない人などにとっては、安心して任せられるので便利なシステムです。もちろん永代供養をお願いしていて、一方で年忌法要を自分たちで行っても構いません。しかし、この永代供養の「永代」の意味が分かりづらいのも確かで、「永久に供養をしてくれる」と思っている人もいるようです。この「永代」は「永久」とは違い、一定の期間が決められているので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

一般的には33回忌まで

この永代供養の期間は、お寺や霊園によって異なりますが、一般的には33回忌まで、ということになっています。霊園やお寺によっては17回忌というところもあれば、50回忌までというところもあり、初めに提示されているはずなので、確認しておきましょう。もちろん供養の内容もそれぞれ異なるので、その点も注意が必要です。

 

その後はどうなるの?

33回忌など、その霊園などの規定で定められた年数を過ぎると、永代供養の契約は終了します。その後はどうなるのかというと、多くの場合は合祀墓などに合祀されて、供養が行われることになります。これも、最初の契約時に確認しておくようにしましょう。遺骨を土に埋葬したり、骨壺ごと合祀するなど、いろいろなケースがあります。

 

永代使用とは違うの?

お墓は、永代供養とは別に、永代使用という言葉も使われます。永代使用の場合の「永代」は、本当に永久に、ということですので、永代使用料を払ってしまえば、管理料を支払っている限りいつまでもお墓を使用することができます。この永代使用と永代供養を混同して、永久に供養してもらえるという勘違いをしがちですが、永代供養の場合は永遠ではないので注意しましょう。

 

まとめ

永代供養は、永遠に供養してくれるというわけではありません。一般的には33回忌までというところが多く、中には17回忌や50回忌までというところもあります。その後は合祀されることが多いのですが、永代供養が何回忌までか、その後はどうするのかということを、契約前にきちんと確認しておくことが必要でしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る