Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 「享年」、「行年」、「没年」の違いは何ですか?

「享年」、「行年」、「没年」の違いは何ですか?

どれも故人が生きた年数のことで、使われ方に多少の違いがあります。

「享年」、「行年」、「没年」はどれも同じ?

享年・行年・没年は、基本的にはどれも故人が生きた年数のことを言います。つまり、何歳で亡くなったか、ということです。ただし、数え方が数え年であったり、使われる場面が違ったりということはありますが、特に決まった違いがあるわけではありません。

 

享年

享年とは、「天から生を享けた年月」を表します。その年月の長さを示すわけですから、「才」などはつけず、「享年○○」と表記します。

 

行年

行年とは、この世に生きてどれくらい経過したかという数字です。これももちろん亡くなった年齢になるのですが、この場合は「行年○○才」と表記します。

 

没年

没年の場合は、亡くなった時の年齢をさす場合と、亡くなった年月日をさす場合があります。亡くなった時の年齢をさす場合は、「没年○○才」と表記しますが、没年月日というのは故人が亡くなった年月日、つまり命日のことをいいます。

 

「享年」、「行年」、「没年」の使い分け

享年・行年・没年は、厳密に使い方の違いが決まっているわけではありません。むしろ、その使い分けは曖昧で、墓石や墓誌に刻む際も、宗派などによって使い分けていることが多いようです。

また、すでに享年で刻んである場合は、その後に亡くなってお墓に入る場合、先の記述にならって同じように刻むのが一般的です。

 

数え年での記載

一般的には享年と行年は満年齢ではなく、数え年での年齢を記載します。数え年というのは、生まれた時が1歳で、次のお正月を迎えたら2歳、そしてお正月が来るたびに歳を重ねるという数え方です。そのため、満年齢よりも1~2歳多い数字になります。

今では数え年を使うことが少なくなったこともあって、墓石に満年齢を刻むお寺なども増えてきました。また、わかりやすいように「享年72歳(没年70歳)」などと記載していることもありますが、これは亡くなった歳が満70歳で、数えだと72歳ということです。

 

まとめ

「享年」、「行年」、「没年」は、考え方の違いはありますが、その使い方については大きな違いがあるわけではありません。宗派などによって使い分けているので、僧侶に確認するのがよいでしょう。

数え年を使うのが一般的ですが、最近は満年齢を使う場合もあります。

 

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る