Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 仏花とは?お墓に持っていける花って決まっているんですか?

仏花とは?お墓に持っていける花って決まっているんですか?

お墓に供える花に決まりはありませんが、向いていないとされる花はあります。

お墓にはどんなお花を供えてもいいの?

仏花というのは、一般的にはお仏壇に供える花のことです。そのため、仏壇の花入れにしやすいように、茎は短めに切ってあることが多いでしょう。お墓に花は墓花と呼ばれますが、仏花と呼ぶ人もいますから、あまり気にすることはありません。ただし、お墓に供えるために、茎を長く残してあることが多いので、花屋で購入する場合はお墓に供えるということを伝えておくほうがよいでしょう。

 

お墓に持っていく花に決まりはある?

お墓に供える花に、特に決まりはありません。菊やユリなどの花が定番ですが、故人の好きなお花があればそれを供えてあげるのも良いでしょう。お墓に供えたいと花屋に伝えて、お墓に供えやすい形にアレンジしてもらうのもおすすめです。お墓に供える花として菊が良く使われるのは、菊の花に邪気を払うという意味があることと、丈夫で切り花にしても長く咲いているということがあります。

避けたほうがいい花は?

お墓に供えるときは、「毒のある花」と「トゲのある花」は避けたほうがよいとされています。スイセンなどは毒があるのでよくないとされますし、バラは美しい花ですがトゲがあるためお墓には向きません。どうしてもという場合は、トゲのない品種のバラもありますから、そういったものを選ぶようにしましょう。また、すぐに散ってしまう花も、お墓をきれいに保ちにくいので避けたほうが無難です。注意すべきなのは、御供によく使われるユリの花は、花粉が石や洋服につくとシミになって取れなくなることがあります。それを避けるためにも、ユリの花を供える場合は花粉のある雄蕊の先を切って、花粉が飛ばないようにしておきます。

造花はOK

お墓に造花を供えるのはマナー違反?という質問をみかけることがありますが、お墓に造花は決してマナー違反ではありません。夏場などは特に花がすぐしおれてしまうので、お墓をきれいに保つためにも造花を供えるのも一つの方法です。

 

まとめ

お墓に供える花には、特に決まりがあるわけではないので、故人の好きな花をお供えしてあげましょう。ただし、トゲのある花は適さないので、バラは避けたほうがよく、ユリをお供えする場合は花粉でお墓を汚さないように雄蕊を切っておくことも忘れずに。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る