Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 樹木葬 > お墓選びは何を基準にすればいいの?

お墓選びは何を基準にすればいいの?

以下の事を参考にして、お選びください

お墓は一度創ると、長年にわたって家の大切な心の支えになります。

基本的に、一生に1回のものであるため、後悔しないように選びましょう。

お墓選びの基準としては、次のようなことが挙げられます。

霊園の種類

お墓をつくるための墓地には、代表的なものとして次のようなものがあります。

 

寺院墓地

  • 寺院墓地は、寺院の中や寺院に隣接した場所にある墓地です。
  • もともとは、檀家と寺院の結び付きにおいて作られたので、宗旨宗派が寺院によって決まっている所がほとんどです。
  • 檀家になる等の制約があるところもあります。

 

公営墓地

  • 公営墓地は、それぞれの自治体が運営・管理するものです。
  • 区画に限りがあるところも多く、高い倍率の抽選で使用する権利を取得する必要があるところもあります。また、その場所も還元墓地(一度納骨されたあとに墓じまいをした墓所)の場合もありますので、その管理事務所にどういった墓所なのか確認する必要があります。

・権利を取得する為にその自治体に住んでいる必要がある、直系家族(長男夫婦)しか入れない等、条件もさまざまです。こちらも管理事務所に確認する必要があります。

 

民間霊園(墓地)

  • 民間霊園は、それぞれの都道府県の指導によって、宗教法人・財団法人が管理・運営する霊園です。
  • 宗旨宗派などはほとんど制約が無く、管理や設備が充実しているのが特徴です。
  • デザインや区画面積が幅広く選べます。

 

お墓の種類

お墓とひとくくりで言われますが、現在ではさまざまな種類があります。

ここでは、どんなお墓があるかを紹介いたします。

お墓

・一般的なお墓です。昔ながらの和型と言われるお墓の他に、最近では洋型やオリジナル型など、さまざまな種類の形があります。

・人数制限や年数制限といった制限が無いのが特徴ですが、管理費を決まった期間ごとに支払う必要があります。

・お墓を建てる用途もさまざまで、両家墓といった、奥様方の家族と一緒に入る形も増えてきています。

 

樹木葬・永代供養墓

・霊園によって、形やシステムがさまざまですが、年数制限がある形がほとんどです。1つの区画に対して、1人または2人といったように、人数制限があります。また、年数制限も13年や20年など、期限を過ぎると合祀墓(集合墓)に移されてしまうところもあるようです。

・管理費がかからないところが多い為、子供がいない、娘しかいないなどの家族に選ばれる事が多いようです。

 

納骨堂

・遺骨を、個人・夫婦等さまざまな単位で収蔵する、納骨スペースをいいます。もともとは寺院が、お墓を建てるまで一時的に遺骨を預かる場所としてつくっていた建物を指していました。

近年では、深刻な少子化で継承者に悩む方が増え、一般にも認知されるようになりました。

・室内にあるところが多く、土に還ることはありません。

 

費用

 

費用については、お墓を建てる霊園によって購入時の値段は変わるの?をご参照ください

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る