Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 永代供養 > 永代使用料と永代供養料の違いはなんですか?

永代使用料と永代供養料の違いはなんですか?

永代使用料はそのお墓を使う権利を買うもの、永代供養料は、一定期間の供養を受ける料金

永代使用料を支払っても供養してくれるわけではありません

お墓を建てるときには、霊園などに対して永代使用料を支払うのが一般的です。これは、代々そのお墓を使用する権利を購入するということ。その墓地にお墓をたてて先祖を祀り、お参りをすることはできますが、霊園のほうが特に供養をしてくれるわけではありません。また、永代使用料で得ることができるのはあくまで使用権ですから、そのお墓の土地を所有するわけではなく、使わなくなったからといってお墓を転売することもできません。

 

永代供養料とは?

この永代供養料とは、最近よく使われるようになった言葉ですが、永代に渡って遺骨を預かり、遺骨の所有者に代わって供養を行う料金です。永代供養墓や、合祀墓などで使われることが多く、通常のお墓の形態でも永代供養をしてくれる霊園や寺院はありますが、33回忌など決められた区切りの年で、合祀墓などに移して弔い上げを行うのがほとんどです。もちろんその後は合祀墓での供養を受けるので、供養が無くなるわけではないのですが、個別の供養は一定の期間のみと考えてよいでしょう。また、はじめから合祀墓などで永代供養を受ける場合は、供養が終わるということはありませんが、霊園やお寺も永久に存続するというものではありませんので、あくまでその霊園やお寺が存続する限り、という前提のものでの永代ということになります。

 

混同することでトラブルも

この永代使用料と永代供養料は、同じ永代の文字を使っているだけに混同しやすく、トラブルの原因にもなります。たとえば、永代使用料を支払ったのだから、きちんと供養してくれなくては困るとクレームがあったり、永代使用料を払ったお墓が管理できなくなったので、合祀してその後の供養はお願いしますというケースなどもありますが、いずれも永代供養料を支払っていない限り供養を受けることはできません。この二つは混同しやすいので、注意するようにしましょう。

 

 

まとめ

永代使用料は、永代に渡ってそのお墓を使用する権利を得るための料金であり、永代供養料は、永代に渡って預けたお骨を供養してもらう料金です。混同しやすい言葉なので、間違えないように注意しましょう。永代使用料を支払ったお墓から、合祀をして永代供養料を支払うことで、永代供養を受けることは可能です。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る