Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 墓じまい > 跡継ぎがいなくて、無縁墓になってしまうかもしれません。何か方法はありますか?

跡継ぎがいなくて、無縁墓になってしまうかもしれません。何か方法はありますか?

無縁墓になってしまうことを避けるには、お墓を閉めて、永代供養か散骨をしましょう。

墓じまいは責任ある選択

核家族化や少子高齢化、転居の活発化で、お子様がお墓の近くに住んでいない、そもそも跡取りがいない状態にあります。このようなことが、無縁墓を増加させる要因と言えます。

 

無縁墓になってしまうと、墓地の管理者にも迷惑がかかってしまいます。

無縁墓だからといっても、墓地の管理者が勝手に「無縁墓」と判断して、撤去することはできません。

一般的には「維持費や管理費が何年も納められておらず、雑草なども生い茂っていて誰も供養にきていない」とわかったときから、お墓へ立て札を建てたり、官報に掲載するなどして、縁故者からの連絡をまちます。

 

1年経過しても連絡がない場合に初めて無縁墓として判断されます。

その後、管轄の自治体への改葬許可の申請を行い、許可が出た時点で撤去に移ります。

撤去費用はすべて墓地の管理者が負担することになります。

撤去された後のお骨は合葬されることがほとんどです。

 

このように、墓地の管理者や祖先に迷惑がかかってしまいますので、墓じまいをするということは、ご自身の責任を果たすことにもなります。

 

 

墓じまいの後は、お骨はどうすればよいの?

墓じまいをすると、今までお墓に納められていたお骨をどうすればよいのか、お悩みになると思います。いくつかの選択肢をご紹介します。

 

散骨

お骨を粉末状にし、海や山中などに巻くことを散骨と言います。

 

永久的にお骨を手放すことができますので、無縁墓になってしまうというお悩みは解決できます。

しかし、全てのお骨を散骨してしまうと後悔してしまうかもしれませんし、祖先のお墓参りはできなくなってしまいますので、しっかりと検討する必要があります。

 

永代供養墓

お寺や民営墓地、公営墓地などに、供養する永代供養墓が建てられていることがあります。

永代供養墓は、お骨をまとめて供養するものやそれぞれ別のお墓に入り、33周忌や50周忌が終わった後に合葬するタイプのものがあります。

 

 

まとめ

先祖代々受け継がれてきたお墓が無縁墓になってしまう前に、墓じまいをする、改葬すると言った対策を講じることが必要です。

ご自身だけでは考えがまとまらない、専門家のアドバイスが欲しい場合は、一度ご相談ください。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る