Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 墓地 > 共同墓地とはどのようなものですか?

共同墓地とはどのようなものですか?

共同墓地とは、個々のお墓ではなく、共同で骨壷にお納めするお墓のことです。

共同墓地とは

昔からある共同墓地は、「地域で自然発生的に生まれた墓地」、「個人あるいは地域の方の共有名義の墓地で一般的に販売されることはない墓地」という意味合いが強かったのですが、現在の共同墓地は、昔からある共同墓地とは全く異なるものです。

 

現在の共同墓地は、個々の墓ではなく、石碑や供養塔などの広い地下納骨スペースなどに、共同で骨壺をお納めする墓地のことです

また、共同墓地には複数の呼び方があり、「合祀墓」「合同墓」と呼ばれることもあります。

 

共同墓地を選ぶ理由

従来のお墓は、子孫が代々守り繋いでいくものでしたが、核家族化などで、子どもたちは遠く離れて暮らしていることも少なくありません。お墓の維持や管理、遠距離のお墓参りなどで、子どもたちや身内に迷惑をかけたくないと考える方が多くなってきました。

また、お墓にお金を掛けるよりは、生きている間に楽しみたいという方、経済的に立派なお墓を建てるゆとりはないけれど、自分のお墓は自分で決めておきたいという方もいらっしゃいます。

このように、お墓を管理できる後継人がいない、経済的に不安な場合に選ばれるお墓です。

 

共同墓地の埋葬タイプについて

共同墓地には3つの埋葬タイプがあります。

 

合祀タイプ

最初から遺骨を骨壷から出して一箇所にまとめて埋葬(合祀)するタイプです。

安置後合祀タイプ

ある一定期間、例えば33回忌まで、納骨堂や棚に骨壷(脳骨壷)のまま遺骨を安置し、その後合祀するタイプです。

分骨安置タイプ

遺骨は分骨し、一部を一定期間または永代に安置し、残りのお骨は合祀するタイプです。

 

また、最近では、樹木葬タイプの共同墓地も登場しています。

 

 

まとめ

共同墓地を選ぶ理由、共同墓地のタイプをご紹介しました。

墓は人生最後の住まいです。

 

ご自身が納得できるお墓を選んで頂くためにも、一度ご相談ください。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る