Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > よくある質問 > 黒?白?お葬式用のハンカチの選び方について。

黒?白?お葬式用のハンカチの選び方について。

お葬式のハンカチは白が基本ですが、黒でもかまいません。

お葬式にはハンカチを持参する

葬式に参列する場合は、ハンカチを持参する人が多いでしょう。お別れの場ということで涙が溢れることもありますし、汗を拭くときにも必要です。黒い喪服だからこそ、手元のハンカチは目につきやすいので、できればきちんとしたハンカチを用意しておいて、喪服と一緒に保管しておくとよいでしょう。

 

お葬式のハンカチの色

お葬式のハンカチは白か黒、というイメージがある人は多いかもしれませんが、どちらを選ぶのが正解なのでしょうか。正式には、男性も女性もお葬式の際には白いハンカチを使うのが良いとされています。葬儀というと黒いものを連想しがちですが、元々日本では、神事などでは白装束を身に着ける風習があったこともあり、正式なマナーでは白いハンカチとされているのです。ただし、最近では黒いハンカチを持つ人も多くなっており、冠婚葬祭用品を扱う売場でも黒いハンカチを葬儀用に置いているところが増えていますので、黒いハンカチでも問題ありません。

 

白や黒以外のハンカチ

白や黒のハンカチがない、という場合は、グレーや紺などの色の濃い無地のハンカチがあればそれでもかまいません。華美にならないことが大切なので、落ち着いた色のものを選びましょう。ストライプやチェック柄のものはシンプルに感じられるかもしれませんが、カジュアルな雰囲気になってしまうので、できるだけ無地のものを用意するようにします。

 

装飾や素材

基本的には装飾のないハンカチにしますが、女性の場合であれば白や黒のハンカチに同色のレースが控えめについているようなものであれば、全く問題はありません。あまり華やかな印象を与えるレースや、花柄などの柄物は控えたほうがよいでしょう。柄があっても、ワンポイントの小さな刺繍などであれば大丈夫です。

また、素材は綿や麻の物を選びます。シルクはフォーマルなイメージがありますが、光沢があるものは葬儀の場にはふさわしくないのであまり使いません。

 

まとめ

お葬式に行くときにはハンカチも持参するのが一般的です。正式には白のハンカチがマナーですが、最近は黒いハンカチを使う人も増えていますし、グレーなどの落ち着いた色のものでも問題ありません。

お葬式で使えるようなハンカチを一枚用意しておいて、いざというときのために数珠などと一緒に保管しておくとよいでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る