Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 知っていますか?供養費とお布施、何が違う?

知っていますか?供養費とお布施、何が違う?

永代供養料などの供養費とお布施は違うものなので、間違えないようにしましょう。

供養費とお布施は違う?

僧侶やお寺に支払う供養料やお布施は、その違いがわかりにくいものです。しかし、供養費とお布施はもともと違うものなので、間違えないようにしましょう。

 

供養費とは

供養費とは、供養にかかる費用のことです。供養費にはいくつかの費用が含まれますが、一般的には永代供養料、納骨法要費などがそれにあたります。永代供養料とは、この先もずっと供養をしてもらうために支払う費用で、これを支払うことによって命日や周忌の法要などは霊園やお寺がきちんと行ってくれます。

こうした供養費は基本的にははじめに一括して支払うことで、その後お墓の管理者などが変更しても金銭的な問題が発生しないようになっています。

とはいえ、永代供養料のほかに、毎年管理費の支払いが発生することもあるので、永代供養料のほかにはどんな費用がいつ必要かという点については、しっかり確認しておく必要があるでしょう。

 

お布施とは

お布施とは、法要をお願いして執り行ってもらうことに対して、お寺や僧侶に渡すお礼です。永代供養を行うことで、霊園やお寺が必要な供養は行ってくれるとはいえ、年忌法要などは遺族が参加して行うことも少なくありません。また、納骨式などの際も、僧侶にお経をあげてもらうことになります。こうした際には、お礼として僧侶にお布施を渡す必要があります。

また、供養料はお寺や霊園によって決められていることが多いのですが、お布施は一般的に金額に決まりがあるわけではありません。あくまでお礼なので、「お気持ちで結構です」と言われることも多いでしょう。

とはいえ、法要の内容や地域性、慣習などによってある程度金額の相場はありますので、地域のことに詳しい親族などに相談して金額を決めるのが安心でしょう。

袋は、不祝儀袋か白無地の封筒に、「供養料」「お布施」などと書いて、裏には自分の住所氏名を書きます。

 

まとめ

供養料は供養をすることに対して支払う費用であるのに対して、お布施は僧侶やお寺に対して渡すお礼です。法要をお願いして行う場合は、その都度お布施を渡すことになりますので、事前にしっかり準備しておくようにしましょう。金額などは、僧侶に直接聞いてもかまいませんし、「お気持ちで」と言われるようなら地域の詳しい人などに相談するのも一つの方法です。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る