Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 墓地 > 実家の両親で家が途絶えてしまうことが心配で、両家墓を考えています。両家墓の特徴やメリットについて教えてください。

実家の両親で家が途絶えてしまうことが心配で、両家墓を考えています。両家墓の特徴やメリットについて教えてください。

2つの家の墓を1つにまとめる両家墓にすることで、墓の維持や管理がやりやすくなります。

少子化や核家族化によって、両家墓を選ぶ人が増えてきています。

お墓は代々子供から孫へと受け継がれ、お墓参りや供養などを行うのですが、子どもがいなかったり、一人娘で嫁に行ってしまうなどの理由により、受け継ぐ人がいないケースも多いです。そこで最近増えているのが、両家墓です。その名の通り、両家の墓を一緒にしたもので、子どもが父方の墓地と母方の墓地を両方管理するのに比べて、かなり楽になります。

 

両家墓の形態

両家墓にはいろいろな形がありますが、墓石を一つにして両家の名前を彫る場合もあれば、墓地の敷地内に2つの墓石を建てるという方法もあります。霊園によって、建て方が決まっている場合もありますし、そもそも両家墓を認めてないところもあるので、その点は事前に調べておく必要があるでしょう。いざ建てるとなってから、両家墓はダメ、ということになっては大変です。また、刻む家紋はどちらのものにするのか、両家のものを刻むのかなど、細かい点まで相談しておく必要があります。特に、本家筋のお墓の場合は、両家墓にすることを反対する親族もいるかもしれませんから、その点もよく相談しておくことが大切です。

両家墓にするには

両家墓を建てるには、まず墓地を用意する必要があります。現在の墓地のどちらかに十分なスペースがあり、なおかつ霊園側も両家墓にすることを認めたら、片側のお墓を墓じまいして、今あるお墓を改装し、両家墓にすることもできるでしょう。スペースなどの点で難しいということであれば、新しく墓地を探して、両家墓を建てることになります、

両家墓のメリット

両家墓にするメリットは、やはりお墓を受け継ぐ人が管理しやすくなるということでしょう。お墓はそもそも郊外にあることが多いので、両家の墓を別々に管理するとなると、お墓参りに2か所行くだけでも大変です。両家墓にすることで、管理や墓参りが楽になるため、両家墓を建てる手続きなどは大変ですが、長い目で見ると価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

まとめ

両家墓とは、2つの墓を1つにまとめたり、ひとつの敷地に建て直したりして、両家のお墓の管理が一度にできるようにしたものです。お金も手間もかかりますが、一度してしまえば、2つの墓を受け継ぐよりも代々の管理はずいぶん楽になります。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る