Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 法要・法事 > コロナだし…法要の前倒しや繰り下げ、してもいいですか?するなら命日からどれくらいまで可能ですか?

コロナだし…法要の前倒しや繰り下げ、してもいいですか?するなら命日からどれくらいまで可能ですか?

コロナ対策として法要の前倒しや繰り下げをするケースは多いです。  

 

コロナ対策と法要

新型コロナウイルス感染症の対策としては、三密を避けたり、大人数での食事を行わないといったことが大切です。法要では、寺院内や自宅、会館など閉じられた空間で多くの人が集まって行うことが多いため、三密にあたりますし、その後の会食などもコロナ対策としてはあまり良いとはいえません。もちろんマスクをつけたり、手指の消毒などを行っても、不安は残りますし、法要は不要ではありませんが、不急であるという考え方により感染の状況によっては法要を見合わせるケースが多くなっています。法要の出席者はどうしても年配の方が多くなるというのも、法要の開催が心配される一因です。

 

法要の延期

状況にもよりますが、コロナの流行が落ち着くまで延期をするというのも一つの方法です。基本的には命日やその周辺で行うことが多い法要ですが、故人を偲び、その安らかな眠りを祈るものですし、遺族にとっても心の整理を行う行事としてのものですから、必ずしも日程にこだわる必要はありません。一年近く法要を前後させた例もありますから、コロナの終息を待ってから行うのもよいでしょう。

 

規模の縮小

法要の日程はそのままで、規模を縮小して行うケースもあります。親族を招いて行っていた法要を、家族のみで執り行ったり、法要のみを行って会食を中止にするケースなどです。人数を減らし、普段から接している家族だけで集まるのであればリスクはかなり減少しますし、対策もしやすくなります。延期をせずに法要を行いたいというのであれば、規模を縮小して出席者を少なくしたり、年配の方には念のために出席を控えていただくといった配慮も大切です。出席できなくても、故人を偲ぶ気持ちを持つことが大切ですから、規模を縮小して行うことについて心を痛める必要はありません。

 

まとめ

新型コロナウイルスの流行により、従来にように法要を行えないケースも増えてきています。法要にはご年配の方が参列することも多いので、安全のためにも時期をずらしたり、規模を縮小して行うなどの対策は大切です。時期についても、流行が落ち着いてから改めて決めても大丈夫です。法要も大切ですが、まずは生きている方の安全を最優先に考えるとよいでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る