お客様の声

戻る

vol.087 田川様【大阪市鶴見区在住】

明るく綺麗な霊園を探していました。

田川様【大阪市鶴見区在住】

私が担当させていただきました。

富松 勇

(株)西鶴 富松 勇

本当に仲が良く、とても明るいご家族で、お父様から始まる大切なお墓創りの希望をしっかりと聞かせていただきました。
田川様に来園していただ日は、ちょうどハピネスパーク牧野霊園でプロカメラマンによる撮影をする日でした。
田川様ご家族にお話したところ、快く撮影させていただきました。
とても良い家族写真で、後日、出来上がった写真をお渡しさせていただき、喜んでいただきました。

INTERVIEW

田川様へインタビューさせていただきました。

お墓創りをされるきっかけを教えてください。
今年の春に主人を亡くしました。世間のお墓離れのニュースなどがありましたが、生前、主人からはお墓を建てたいという希望もありましたし、私も主人のために建ててあげたい思いもあり、建立を決めました。
どんな霊園がご希望でしたか?
まずは明るくてきれいな霊園を探していました。 また大阪市内をはじめ、各方面からも交通の便がよくて娘たちもお参りしやすい場所が希望でした。 それからできれば、将来のことを考えると、できるだけ階段や坂道のない平坦な霊園があればいいなと考えていました。
数ある霊園の中で、当園を選んでいただいた理由を教えて下さい。
インターネットでハピネスパーク牧野霊園さんを見つけました。
実際に見学に行ったら明るくてきれいな霊園で、イメージ通りだったのですぐに気に入りました。
営業担当の富松さんは明るく熱心な方で、最初はお墓創りに疑問を持っていた娘たちも、ここならと大賛成してくれました。
見学に伺って早々にハピネスパーク牧野霊園さんでお世話になろうと決めました。

打合せ中の様子

打ち合わせ中の写真

墓石打ち合わせ

田川様は、優しいながらも厳しかったご主人のイメージから和風のデザインを選ばれました。
また石の種類は水を吸いにくくて実績のある中国産黒龍石にされました。
CGのイメージ図で完成図を確認していただきました。

この石に決まりました

石の画像

打合せした墓石の確定デザイン

確定したデザイン

Before

お墓が建つ前の墓所の様子

移転前の写真

After

打ち合わせした石碑をCGで合成しました

移転後の写真

文字彫刻打合せ

彫刻する文字の原寸大の原稿

彫刻する文字の原稿写真

墓石建立工事

  1. 基礎工事写真

    基礎工事写真

  2. セメント工事写真

    セメント工事写真

  3. 境界石工事写真

    境界石工事写真

  4. 墓石組立

    墓石組立

完成した田川家の墓石

田川様【大阪市鶴見区在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 0.75聖地(0.6075㎡)
幅675mm×奥行き900mm
デザイン 7.5寸神戸型(和型)
石種 黒龍石(中国産)
オプション ローソク立て

墓石工事担当者より

岩谷 昇平

(株)西鶴 岩谷 昇平

石碑の加工も文字の彫刻もきれいに仕上がってますね。丁寧に施工させていただきました。何かございましたら、気軽にお声かけください。

担当者のプロフィール

昭和47年12月25日生(職人歴20年)
年間600件以上の墓石工事を施工している

開眼法要

  • 開眼法要の写真

    お墓に巻いたさらしを除幕していただきました

  • 開眼法要の写真

    開眼法要後の集合写真には 私達スタッフも入れて頂きました

VOICE

開眼法要を終え、田川様よりお言葉をいただきました。

父が死ぬまでは、本当にお墓が必要かと疑問に思っていましたが、父の希望、母の思いもあり、お墓の建立を決めました。
とにかく交通の便がよくて、明るい感じの霊園を探して、色々な霊園へ見学に行きました。そのなかで、こちらのハピネスパーク牧野霊園が気に入り、親族の意見もぴったり一致したので購入することにしました。
見学時や契約時、どんな時も担当の富松さんやスタッフの皆さんの真心を持った誠意ある対応に、いつも感動していました。
本日開眼法要も無事終わり、これからはいつでもお墓で父に会うことができるので、本当にこちらにして良かった、と感謝しております。父も本当に喜んでいることでしょう。
ありがとうございました。

担当者のコメント

富松 勇

(株)西鶴 富松 勇

田川様、この度はハピネスパーク牧野霊園でお墓を建てていただき、本当にありがとうございました。
ご家族皆様の心のこもったお墓創りのお手伝いをさせていただき、感謝申し上げます。
お墓の開眼法要後には、本当にありがたいお言葉を頂いて、重ね重ね、ありがとうございました。
これからが永いお付き合いになります。
我々スタッフ一同、今後も精一杯つとめさせていただきますので、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。