Just another WordPress site

お客様の事例

トップ > お客様の事例 > Vol.170 大塚様【寝屋川市太秦在住】

Vol.170 大塚様【寝屋川市太秦在住】

「両家で入れるお墓造りができて安心しました。」

Vol.170 大塚様【寝屋川市太秦在住】

お墓を考えられたきっかけを教えてください。

大塚様

娘のお骨を持っており、娘にとってお墓に入れてあげることが一番良いのではないかと考えていました。また、昨年私の父が亡くなったこともあり、お墓づくりを考えはじめました。

どのようなお墓造りをされたかったのですか?

大塚様

私は妹と二人姉妹なので実家の姓を継ぐものがなく、父から、お墓はいらないと言われていました。その為、お墓をつくることを考えている反面、実家のお墓はどうしようかという迷いがありました。そんななか、友人の山本氏からここの霊園は良いよと、フェイスブックで教えてもらい、元旦のチラシを見て、話を聞いてみようと伺いました。

西村哲男

(株)西鶴 西村哲男

大塚様を担当させていただきます。西村です

大塚様が初めてご来園されたとき、山本様から紹介してもらった通り、素敵なところだとお喜びいただき、大変うれしく思いました。

大塚様にとって一番良いお墓の建て方を、ハピネスパークでなら実現できると、自信をもってお勧めいたしました。

打ち合わせ中の写真

打合せ中の写真

数ある霊園の中で、ハピネスパークに決めていただいた理由を教えて下さい。

話に聞いていた通り、とてもきれいな霊園でした。

その中でも決め手になったのは、婚家と実家の両家で建てているお墓を見れたからです。両家でお墓を守っていくという考えを持っていなかったのですが、この方法が私たちにとって、一番いい祀り方だと感じ、すぐにお願いをしました。

墓石打ち合わせ

お墓の形は、磨いている部分と自然石風の部分を兼ね備えた、現代風な弊社オリジナル型を提案させていただきました。

また、お石の種類は、ほとんど水を吸わない、非常に丈夫なM1-Hでお決めいただきました。

正面には、お父様が生前に残された「今日はよくきてくれてありがとう」という文字を刻ませていただきました。

石の画像

この石に決まりました

移転前の写真

お墓が建つ前の墓所の様子

移転後の写真

打ち合わせした石碑をCGで合成しました

文字彫刻打合せ

彫刻する文字の原稿写真

彫刻する文字の原寸大の原稿

墓石建立工事

  1. 境界石工事写真

    境界石工事写真

  2. 墓石組立

    墓石組立

完成した大塚家の墓石

Vol.170 大塚様【寝屋川市太秦在住】

墓所 ハピネスパーク交野霊園
広さ 1.5聖地(1.215㎡)
(幅1000mm×奥行き1215mm)
デザイン オリジナル洋型
石種 M1-H(インド産)
オプション 板張り、花立体彫刻

西 一貴

大塚様墓石工事担当者

今回のお墓は、両家で建てられるお墓ということで、石碑の形と文字に思い入れを感じました。見えないところまで、丁寧に工事させていただきました。

※西 一貴 昭和52年1月6日生 
 職人歴20年
 年間600件以上の墓石工事を施工している

開眼法要

  • 開眼法要の写真

    大塚様による除幕

  • 開眼法要の写真

    わたしも写真に入れて頂きました

開眼法要を終え、大塚様よりお言葉をいただきました。

開眼法要を終え、大塚様よりお言葉いただきました。

昨年末、実家の父が亡くなり、元旦の折り込みチラシに目が留まりました。

ハピネスパークさんのことは友人から以前に聞いていたので、早速見学に来させてもらいました。

私は妹と二人姉妹なので実家の姓を継ぐ者がおらず、父はお墓は要らないと言っていました。こちらの霊園で婚家と実家の両家のお墓を造っておられる実例を見せていただき、そのような祀り方があることを初めて知り、お墓を造ることを決めました。

もう13年前に旅立った娘と、一昨年に亡くなった義父、そして12月に亡くなった父の3人のお骨を一緒に納めることができ、ひとつの区切りと安心感が生まれました。父が生前に残してくれた、「今日はよく来てくれてありがとう」という言葉を刻んでもらい、今日改めて、とてもいいお墓を建てることができて良かったと思いました。ありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。

西村哲男

(株)西鶴 西村哲男

担当者のコメント

この度は、大塚様の大切なお墓造りをお手伝いさせていただき、ありがとうございました。大塚様にとって大切なご家族が、皆で眠ることが出来るお墓づくりができたこと、大変うれしく思います。お父様の大切な言葉もすごく良いですね。

これからも、末永くよろしくお願いします。

一覧に戻る