Just another WordPress site

お客様の事例

トップ > お客様の事例 > Vol.063 中尾様【枚方市池之宮在住】

Vol.063 中尾様【枚方市池之宮在住】

「母にとっては負担が少なくお参りができます」

Vol.063 中尾様【枚方市池之宮在住】

お墓を建てるきっかけを教えてください。

中尾様

父が亡くなり、まもなく一周忌を迎えようとしていましたので、そろそろお墓の準備をしなくてはならないと考えていました。

お墓を建てられるのに悩んでいたことはありませんか?

中尾様

母は足が弱く、普段から手押し車を利用していますので、お参りのしやすい通路幅が広い霊園がないかと近所の霊園を探していたのですが、私や母が気に入る場所が無かったのが悩みでした。

西村哲男

(株)西鶴 西村哲男

中尾様を担当させていただきます。西村です

中尾様は亡くなられたお父様のために、足の弱いお母様と霊園探しをされていました。他の霊園は駐車場までは広いが、お墓までの通路が大変狭く、手押し車を利用しているお母様がお墓参りに来られている方に迷惑を掛けるのではないかと、大変気を遣われておりました。ですので、そういったことを気にせずに、ゆっくりとお参りできる区画を案内させていただきました。

打ち合わせ中の写真

打合せ中の写真

数ある霊園の中で、ハピネスパークに決めていただいた理由を教えて下さい。

初めてハピネスパーク交野を見学した母の感想を聞いてみると、母はインスピレーションで、「ここがいい」と言っていました。母にその訳をたずねてみると、植栽や霊園を囲む山々の景色がよく、温かい色合いの通路が感じの良い印象だったみたいです。実際に通路幅の広いことや、お墓から休憩所がすぐにありますので、母にとっては負担が少なくお参りができます。あと、他の霊園は同じ形のお墓がずらりと並んでいる風景が、事務的な感じで嫌だったと言っていました。この場所に決めて良かったと母は喜んでいましたので、私たち家族も母が気に入ってくれるようないい場所が見つかって良かったです。

墓石打ち合わせ

形は伝統的な和型である「八寸二重台神戸型」を選ばれました。
従来の和風のお墓は「青御影石」というグレー系の色をお選びになられることが多いですが、中尾様のお母様は色艶がきれいな「インド黒」という「黒御影石」をとても気に入られましたので、和型のお墓をインド黒で造ることになりました。

石の画像

この石に決まりました

確定したデザイン

打合せした墓石の確定デザイン

移転前の写真

お墓が建つ前の墓所の様子

移転後の写真

打ち合わせした石碑をCGで合成しました

文字彫刻打合せ

彫刻する文字の原稿写真

彫刻する文字の原寸大の原稿

墓石建立工事

  1. 基礎工事写真

    基礎工事写真

  2. セメント工事写真

    セメント工事写真

  3. 境界石工事写真

    境界石工事写真

  4. 墓石組立

    墓石組立

完成した中尾家の墓石

Vol.063 中尾様【枚方市池之宮在住】

墓所 ハピネスパーク交野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン 八寸二重台神戸型(和型)
石種 インド黒(インド産)
オプション ローソク立て

西 義一

中尾様墓石工事担当者

この度はご建墓いただきまして誠にありがとうございました。色艶がしっかりとしたインド黒石はとても重厚感のある石種です。伝統ある形の大切なお墓を工事いたしました。この度はありがとうございました。

西 義一 昭和29年7月7日生
職人歴40年以上  施工班のリーダー

開眼法要

  • 開眼法要の写真

    お父様をお墓に納骨されました。

  • 開眼法要の写真

    ご家族で除幕をしていただきました

開眼法要を終え、中尾様よりお言葉をいただきました。

ここ、ハピネスパーク交野霊園は、環境もステキで、母共々気に入って決めさせていただきました。スタッフのみなさんにも親切にお話しいただきまして、母も喜んでいました。足の不自由な母が、手押し車をスムーズに押して歩きやすい通路幅で、温かみのある色合いの通路が母には決め手になったようです。自宅からも近いので、「月命日にはお参りに行ける」と嬉しそうに母は言っていました。この度は、いろいろとお世話になりましてありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

西村哲男

(株)西鶴 西村哲男

担当者のコメント

お墓の引き渡しの時(開眼法要)に、お母様が、「ありがとうございました」とニッコリと笑って言っていただけて、担当させていただいた責務を果たせたと、安心いたしました。
中尾様、この度は大変お世話になりました。今後とも快適なハピネスパーク交野霊園で、ゆっくりとお参りしてください。

一覧に戻る