お布施 開眼供養

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

いよいよ明日から12月ですね。
2020年は世界的にも大きな変化があり、身近な生活においても考えることがたくさんありました。
少しでも良い年となるよう、残りの日々を大切に過ごしたいなと思います。

今回は、法要に際してよく尋ねられることの多い、熨斗(のし)についてです。

熨斗とは?

返礼品やお布施の包みで見かけます

回忌法要に来られた方への返礼品(カタログギフトなど)や、
開眼供養や納骨法要の際に、お寺のお坊さんへ渡すお礼であるお布施を包むときに見られるものです。

もっと広い範囲だと、結婚・出産など様々なお祝い事でも目にしますね。

種類がある

蝶結びや結び切(むすびきり)など、種類がたくさんあります。
お墓と関わりが多いものですと、結び切を使っていただくのが一般的です。
結び切の熨斗は、1度きりであってほしいことに対して用いられます。

色はどれにするべき?

開眼(納骨)法要の際は、紅白の結び切を、
納骨法要のみの際は黄白の結び切のものをおすすめさせていただいています。

お墓とはちょっと距離を感じる表現かもしれませんが、
開眼法要はお墓の完成のお祝いでもあります。
お家の新築祝いのようなものです。
したがって、開眼法要の場合は紅白をおすすめしています。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

永代供養付墓地 水汲み場のジョウロとゆかいな蛇口たち

こんにちは。
ハピネスパーク千年オリーブの森の山崎です。

今年もあと1ヶ月となりました。私個人もそうですが、日常の生活を大きく見直しをした1年になりました。

さて私が実家のお墓参りに行く時、水を汲む場所がない霊園やあっても遠くて、事前に大きなペットボトルに水を入れて行きます。

当園では、入り口、中央、奥のお墓のすぐ近くに水汲み場があります。
またバケツでもペットボトルでもなくジョウロで水を汲んでいただけます。このジョウロは真鍮(しんちゅう)で作られています。なかなか聞きなれませんが、真鍮は銅と亜鉛の合金で、「黄銅(おうどう)」や「ブラス」とも呼ばれています。吹奏楽部をブラスバンドというのも楽器が真鍮からできているからとも言われています。時計、アクセサリー、楽器、一番身近なものとしては5円硬貨に使われています。最近は、真鍮を使ったボールペンも文房具店で見かけます。真鍮は腐食しにくく、使ううちに味わい深さが増してきます。

 

また水汲み場の蛇口もフクロウ、白鳥、小鳥、かえる、バケツの形をしています。
ぜひ探してみられてはいかがでしょうか?

ご見学やお墓参りなど、是非お気軽に千年オリーブの森へお越しください。
スタッフ一同、お待ちしております。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

樹木葬 様々なイベント

こんにちは。ハピネスパーク千年オリーブの森の松島です。

 

今日は風が冷たく、肌寒くなってきましたね・・・。
千年オリーブの森のスタッフも冬支度を始めました。
皆様も冬支度はできていますでしょうか?

千年オリーブの森 イベント

ハピネスパークでは、各霊園で様々なイベントをしています。
千年オリーブの森でのイベントをご紹介します。

合同供養祭

千年オリーブの森では、お坊さんが園内で年3回お参りをしてくれます。
よく『永代供養』をいう言葉を聴きますが、千年オリーブの森の永代供養は、『合同供養祭』になります。

ライトアップ

園内にはオリーブの木が9本植わっているので、毎年オリーブの実が採れます!
収穫したオリーブを使い、スタッフでオリーブオイルを創るのが恒例となっています!


そのオリーブオイルを小さなランプにして、墓所の周りに置き、送り火のイベント(ライトアップ)を行います。

 

他にもハピネスパークでは、様々なイベントを行っています!
他のイベントはこちら

千年オリーブの森 ご相談はこちらから

https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/contact

千年オリーブの森 よくあるご相談はこちら

https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/qa/

千年オリーブの森アクセスはこちら →https://g.page/saikaku-1000-olive?share

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

寿陵とは 生前にお墓を建てる

こんにちは!ハピネスパーク牧野霊園の本多です。

 

牧野霊園ってどこ?

本日は、近年とても多く要望をいただいている”生前墓”についてお話します。

生前墓とは

生前墓とは、生前のうちから決めておくお墓のことを言います。

生前にお墓を建てることは縁起がいいこととされていて、「寿陵」や「逆修(ぎゃくしゅ)墓」とも言われます。逆修とは、自分の死後の冥福の為に仏事をすることを言います。

現在では死後に授与されることが多くなった戒名ですが、かつては、生前に授与していただくことは珍しいことではなかったそうです。この、生前に授与してもらう戒名のことを逆修戒名と言います。

日本では、古くは聖徳太子から

生前にお墓を建てる「寿陵」は、古くは中国から始まりました。そして、日本では聖徳太子がはじめておこなったとして知られています。

そして、現在では多くの人が「寿陵」を建てています。

それがめでたいから、という理由よりも、生前の元気なうちに終活の一環として決めておきたいという理由からおこなっている方が多いです。

また、子供に迷惑をかけたくないという現代的な理由も、とても大きいでしょう。

生前墓、寿陵はお得なの?

金銭面のお話ですが、結論から言うと、「寿陵」「生前墓」を立てておくことはお得だと言えます。

お墓は、家や土地などの遺産とは違って、相続税が非課税になります。

そのため、お墓の金額にもよりますが、生前購入は節税になると考える方も多くいらっしゃいます。

お問合せはこちらから

【公式HP】ハピネスパーク牧野霊園  リニューアル版

【公式】インスタグラム

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

枚方市にあるガーデニング霊園 ハピネスパーク牧野霊園

こんにちは、ハピネスパークの西村です。
西村

お参りをしやすい気候になっております。
当霊園でも、たくさんのお参りの方をみかけます。
この気持ちいい時に、たくさんのご来園をお待ちしております。

さて、今回お話させていただくのは、

「享年」、「行年」、「没年」の違い

です。

どれも故人が生きた年数のことで、使われ方に多少の違いがあります。

「享年」、「行年」、「没年」はどれも同じ?

享年・行年・没年は、基本的にはどれも故人が生きた年数のことを言います。つまり、何歳で亡くなったか、ということです。ただし、数え方が数え年であったり、使われる場面が違ったりということはありますが、特に決まった違いがあるわけではありません。

 

享年

享年とは、「天から生を享けた年月」を表します。その年月の長さを示すわけですから、「才」などはつけず、「享年○○」と表記します。

 

行年

行年とは、この世に生きてどれくらい経過したかという数字です。これももちろん亡くなった年齢になるのですが、この場合は「行年○○才」と表記します。

 

没年

没年の場合は、亡くなった時の年齢をさす場合と、亡くなった年月日をさす場合があります。亡くなった時の年齢をさす場合は、「没年○○才」と表記しますが、没年月日というのは故人が亡くなった年月日、つまり命日のことをいいます。

 

「享年」、「行年」、「没年」の使い分け

享年・行年・没年は、厳密に使い方の違いが決まっているわけではありません。むしろ、その使い分けは曖昧で、墓石や墓誌に刻む際も、宗派などによって使い分けていることが多いようです。

また、すでに享年で刻んである場合は、その後に亡くなってお墓に入る場合、先の記述にならって同じように刻むのが一般的です。

 

数え年での記載

一般的には享年と行年は満年齢ではなく、数え年での年齢を記載します。数え年というのは、生まれた時が1歳で、次のお正月を迎えたら2歳、そしてお正月が来るたびに歳を重ねるという数え方です。そのため、満年齢よりも1~2歳多い数字になります。

今では数え年を使うことが少なくなったこともあって、墓石に満年齢を刻むお寺なども増えてきました。また、わかりやすいように「享年72歳(没年70歳)」などと記載していることもありますが、これは亡くなった歳が満70歳で、数えだと72歳ということです。

 

まとめ

「享年」、「行年」、「没年」は、考え方の違いはありますが、その使い方については大きな違いがあるわけではありません。宗派などによって使い分けているので、僧侶に確認するのがよいでしょう。

数え年を使うのが一般的ですが、最近は満年齢を使う場合もあります。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874