Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > お葬式や法事に必ず必要?女性のパールネックレスのマナーと選び方について。

お葬式や法事に必ず必要?女性のパールネックレスのマナーと選び方について。

お葬式でパールネックレスをつける際は、マナー違反にならないようにしましょう。

お葬式にパールネックレスが必要?

お葬式や法事で身に着ける喪服には、基本的にはジュエリーはNGです。その中で、唯一つけてもよいのがパールジュエリーですが、必ずしもつけなければならないわけではありません。つけなくてももちろんかまいませんし、つけるのであればパールネックレスということです。最近は喪服にパールをつけている人が多いので、必ず必要だと思われがちですが、つけていなくてもマナー違反にはなりません。

 

マナー違反にならないパールネックレスの選び方

パールの色

葬儀の席などでつける場合は、ホワイトパールかブラックパールを選ぶのがマナーです。ピンクパールやイエローパールなどの色つきのものは避けるようにしましょう。

 

大きさ

粒の大きさは、7~8㎜のものをつけるのが一般的です。あまり粒が大きいと、華やかになりすぎるので、大きくても9㎜までのものにするのが良いでしょう。小さめの粒のほうが若々しいイメージになり、大きめのほうが格調高く見えます。

 

長さ

長さは40cm前後で、鎖骨にかかる程度の長さのものがきれいに見えます。体型によって適した長さは異なるので、購入するときや譲り受けたときに、ジュエリーショップなどで長さを合わせてもらうとよいでしょう。

 

弔事で身に着けるパールネックレスは、必ず一連のものにします。二連以上のネックレスは、「不幸が重なる」ことを意味するのでマナー違反です。また、一粒パールのネックレスなども、葬儀の席にはふさわしくないのでさけるようにしましょう。

 

イミテーションはダメ?

もちろん本物のパールを身に着けるに越したことはありませんが、本物のパールはかなり根が張りますし、最近のイミテーションパールには高品質なものも多いです。イミテーションでもマナー違反にはなりませんので、きれいだと思ったらつけるのもよいでしょう。本物かそうでないかは、わかる人にはわかりますが、ある程度の品質のイミテーションであれば普通の人にはなかなかわかりません。

 

まとめ

葬儀の席など喪服で身に着けられるジュエリーは、パールネックレスのみです。また、パールネックレスでも色は白かブラックで長すぎない一連ネックレスにするのがマナーになります。イミテーションでもきれいなものであれば問題ありません。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る