Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 葬儀 > 肌色でも大丈夫?黒でもタイツはマナー違反?以外に悩む、お葬式のストッキングについて。

肌色でも大丈夫?黒でもタイツはマナー違反?以外に悩む、お葬式のストッキングについて。

お葬式の時は黒いストッキングを履くのが基本です。

お葬式のストッキングの色

お葬式に参列するときに、喪服に合わせるストッキングは黒が基本です。真っ黒というよりは、肌が透けるくらいの薄手の黒いストッキングを履くのが良いでしょう。女性の参列者のほとんどは、そういった黒いストッキングを履いているはずです。一般参列者として参列する場合は、肌色だと失礼にあたるというわけではありませんが、実際に肌色のストッキングで参列している人はほとんどいませんので、黒いストッキングを用意しておいたほうが無難です。

 

厚みのあるタイツも避ける

黒ならタイツでもいいかな?と思われるかもしれませんが、タイツはカジュアルになるので、基本的には履きません。お葬式用のストッキングは、30デニール以下というのが一般的で、喪服用に販売されているストッキングは20デニールのものが主流です。厚みのあるタイツは履きませんが、真冬などでどうしても寒い場合は、60デニールくらいまでなら履いてもよいとされることが多いです。肌が全く透けないと、いかにもタイツという感じになってしまうので、どうしても寒い場合は、肌色のストッキングやタイツの上に、薄い黒のストッキングを重ねるなどするのがおすすめです。

 

素足はNG

暑い季節であっても、喪服に素足はふさわしくありません。喪服を着たらストッキングを履くのがマナーなので、必ず履くようにしましょう。葬儀では歩いたり立ったり座ったりと、意外と動くことも多くストッキングの伝線が心配なので、替えのものを用意しておくと安心です。普段から喪服と一緒に黒のストッキングを2~3足置いておくようにしましょう。

突然の葬儀でストッキングがない場合でも、コンビニでも購入できることが多いです。焦って素足などで行くことのないように、気を付けておくとよいでしょう。もちろん黒でも柄物や網タイツなどはダメですし、靴を脱いで参列することもあるため、マニキュアはもちろん、派手なペディキュアも落としておきます。

 

まとめ

葬儀の際には、黒いストッキングを履くのがマナーです。肌色が絶対にダメというわけではありませんが、ほとんどの人が黒いストッキングを履いているでしょうし、普段から喪服用に黒いストッキングを揃えておくと安心です。伝線することもあるので、替えも準備しておくと安心でしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る