Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > お寺に払うお金、冥加金(みょうがきん)とお布施は何が違いますか?

お寺に払うお金、冥加金(みょうがきん)とお布施は何が違いますか?

お布施を使うのが一般的ですが、場合によって冥加金を使い分けることもあります。

お寺に納めるお金

法要などの際に、その都度お寺にはお金を払いますが、お布施という言葉を使う場合もあれば、冥加金と呼ばれることもあります。また、お寺によってはすべてお布施と呼んで冥加金という言葉を使わないこともあるでしょう。お布施と冥加金にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

冥加金とは

冥加金の冥加とは、神仏から受ける加護や恵みのことを指す言葉です。私たちが知らず知らずのうちに神仏から受けているこうした恩恵、すなわち冥加に対して支払うお金が冥加金と言います。実際には、そうした恩恵が受けられるのもお寺があってのことですから、お寺を存続するためのお金として求められることも多いです。納骨や永代供養料としてお寺に支払う場合に冥加金と書いたり、また、お寺によっては冥加金として金額を指定して請求することもあります。

 

お布施とは

お布施は、法要などの際にその都度僧侶に渡すのが一般的ですので、僧侶に対してのお礼と思われがちですが、本来は僧侶を通じて仏様へお供えするお金です。あくまでお供えですから、その金額に決まりはなく、お寺によってはお気持ちで結構です、と言われることもありますから、金額を聞きたい場合は「皆さんおいくらくらいお包みしていますか?」などと聞いてみるのがよいでしょう。法要によって一般的な相場というのはありますが、地域や家庭によって金額は異なりますので、年配の詳しい人に相談するのもおすすめです。

 

冥加金とお布施は違う?

冥加金とお布施は、いずれも仏さまにお渡しするお金ですが、厳密には冥加金は神仏からの加護に対するお礼のお金であり、お布施は神仏に対して行うお供えのお金です。実際には僧侶に渡して寺社の維持などに使われるという点で同じですし、どの法要でもお布施と書いてお渡しすることもありますから、あまり神経質に気にする必要はありません。ただし、地域やお寺によってはしっかり使い分けている場合もあるので、それぞれの場所で確認することが大切です。

 

まとめ

冥加金とお布施は、厳密には違った意味を持つお金ですが、いずれも法要などの際に僧侶に渡すもので、お寺の維持などに使われるという点では大きな違いはありません。お布施は金額が決まっていないので、自分で考えて包むことになりますが、冥加金は金額が指定される場合もあり、その点は違うところと言えるでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る