Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 気になるペットのお墓事情。ペットのお墓の作り方にはどんなのがある?

気になるペットのお墓事情。ペットのお墓の作り方にはどんなのがある?

ペットのお墓は自宅に作ることもできますし、ペット霊園などを利用することもできます。

ペットのお墓を自宅に作る

自宅に庭がある場合は、ペットのお墓を庭に作ることができます。小鳥やハムスターなど、小動物の場合はそのまま埋めてもかまいません。小型犬や猫なども土葬は可能ですが、いずれにしても50cm~1mくらいの深さの穴を掘って埋める必要があります。穴が浅いと、動物に掘り返されたり、ニオイがしたりといった問題が起こる可能性があるからです。

ある程度大きいペットの場合は、火葬にして埋葬するのがよいでしょう。火葬にした場合、庭にお墓を作ってもよいですし、ペット用の骨壺や仏壇を用意して、家の中で手元供養にすることもできます。

特に、お住まいがマンションやアパートの場合は、埋葬ができない理由もあって手元供養にするケースが多いです。

お庭や埋葬スペースがあっても、家の中でずっと一緒にいたいということで手元供養を選ぶ人が多いです。

 

ペット霊園を利用する

ペット専用の霊園を利用して供養をすることもできます。ペット霊園にもいろいろな形式があり、人間のお墓と同じように墓石を立てて埋葬する霊園もあれば、納骨堂形式で建物の中にロッカーのような形で納骨スペースが設けられているものもあります。

そのほか、ほかのペットと一緒に眠る合祀墓にするケースもあります。ペットの火葬場には、納骨堂が併設しているところもあるので、調べてみるとよいでしょう。

 

ペットと同じお墓に入れる?

飼い主にとってペットは家族と同じですから、同じお墓に入りたい、という人も少なくありません。昔は仏教の考え方からペットなどの動物は「畜生」とされていたため、お墓に入るのは無理なケースが多かったのですが、最近はペットも入れるお墓も増えてきています。

古くからある霊園や、お寺にあるお墓などは無理なケースがほとんどですが、新しい霊園や樹木葬などを行っている霊園はペットも一緒に埋葬できるところもあるので、確認してみるとよいでしょう。

 

まとめ

ペットは法律上自宅にお墓を作って埋葬しても問題ないので、大型のペットでなければ庭に埋めたり、大型の場合は火葬にしてお墓を作るというのも一つの方法です。

また、ペット用の仏壇などで手元供養をする場合もありますし、自宅にお墓は作れないけどきちんと埋葬したいという場合はペット用の霊園を利用する方法もあります。

最近はペットも一緒に埋葬できる人間用のお墓もあるので、一緒に眠りたいという場合は探してみるとよいでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る