Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > フューネラルフラワーとは何ですか?

フューネラルフラワーとは何ですか?

フューネラルフラワー(funeral flower)とは、故人にお供えする花の総称です。

フューネラルフラワー(funeral flower)とは、故人にお供えするための仏花や供花などの花のことをいいます。最近では美しくアレンジしたフューネラルフラワーのニーズが高まっており、専門の資格などを取得する人も多いです。

 

フューネラルフラワーの種類

フューネラルフラワーには、仏花・供花などいろいろな種類がありますが、その違いは意外と知らない方も多いです。いざという時に間違えないように、覚えておくとよいでしょう。

 

仏花

仏花は、一般的に仏壇に供える花を言います。縦長にアレンジした花を左右に1対飾ることが多く、毎日水替えを行い、お線香をあげて手を合わせる人が多いのではないでしょうか。生花店でも仏花として2束をセットにした花が多く売られており、花立に飾りやすいサイズになっています。

 

供花

四十九日などの法要の際にお供えする花で、お供えとして親族や知人が贈る花です。そのまま飾れるようにアレンジしたお花を贈ることが多く、仏壇やその周辺に飾られます。色にも特に決まりはありませんが、四十九日までは白やグリーンの花を贈ることが多く、「白上がり」とも呼ばれます。

 

弔花

弔花は、葬儀の際に贈る花のことです。器にアレンジした花を贈る場合もありますし、外に飾られる花輪も弔花のひとつです。最近では身内で葬儀を済ませることが多くなったこともあり、大きな花輪を贈る習慣は少なくなりました。

 

フューネラルフラワーに適している花

以前は仏壇などにお供えする花と言えば、菊やユリなどが多かったのですが、最近では故人の好きだった花を種類に関わらず飾ることが多くなりました。

特に、供花などについては、洋風のアレンジメントフラワーも人気で、白や緑を基調とすることでフューネラルフラワーとしての雰囲気も残しながら、故人が喜ぶような美しい花を贈る人が増えています。

また、仏壇の花や弔花として、水替えなどのお世話をしなくても美しく咲き続けるプリザーブドフラワーもおすすめです。

生花の場合は、あまり香りの強い花は良くないとされていますが、最近では自由に飾る人が多くなっています。

 

まとめ

フューネラルフラワーとは、仏花や供花など、故人にお供えする花の総称になります。白や緑を基調としたものが多いのですが、最近では故人の好きだった花を種類に関わらず飾ったり、洋風の華やかなアレンジをした花を贈る人も多くなっています。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る