Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 墓石 > 墓石もクーリングオフできますか?

墓石もクーリングオフできますか?

契約の状況によっては墓石もクーリングオフが可能です。

クーリングオフ(cooling-off)とは

クーリングオフとは、消費者が商品やサービスを購入する契約をした後、8日以内に申請すればその契約を解除できる制度のことです。ただし、どんな契約でも適用されるわけでなく、基本的には訪問販売や電話勧誘などによる契約が条件となります。

つまり、購入するつもりがなかった商品を、その場で説得されてつい契約してしまったり、断りきれなくて契約してしまった場合の救済措置になります。そのため、自分から店舗に出向いて契約をしたり、自ら業者を家に呼んで契約した場合などは対象外になることが多いです

 

墓石はクーリングオフ対象

商品としては、墓石はクーリングオフ対象となっているので、契約の状況次第ではクーリングオフが可能です。たとえば訪問販売で墓石の契約をしてしまった場合などは、期間内に申請すれば契約を解除できます。ただし、自分で石材店を訪問し、その場で契約を結んだ場合などは、クーリングオフの対象にはなりません。ただし、石材店との契約の中で、クーリングオフが可能だという条件があれば、どこで購入してもクーリングオフができるので、あきらめずに契約書を確認してみましょう。

また、石材店に問い合わせをして、対応してくれるということであれば、もちろん解約も可能です。

 

クーリングオフはどうやるの?

クーリングオフをするとなったら、とにかくすぐに手続きをしなければなりません。クーリングオフは、申込日を含めて8日以内に手続きをする必要があるからです。手続きとしては、石材店に指定された様式で行うか、内容証明郵便や特定記録郵便など、記録の残る書面で郵送を行います。

記載するのは、契約日、商品名、契約金額、契約会社名、クーリングオフをするという内容、契約者の住所氏名です。これらのことが記載されたという内容証明とともに、消印が8日以内になるように送付を行うことでクーリングオフができます。

 

まとめ

墓石は契約状況によってはクーリングオフが可能な商品です。訪問販売や電話勧誘による契約であれば確実にクーリングオフが可能ですが、そうでなければあくまで契約した石材店との契約内容によりますので、まずは契約した状況と、契約内容をチェックしてみましょう。その項目がなくても、石材店によっては応じてくれる場合もあるので、問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る