Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > エンゼルケアとは何ですか?

エンゼルケアとは何ですか?

亡くなった直後のご遺体の死後処理や死化粧をおこなうことです。

きれいな姿でお別れするために

エンゼルケアとは、人が亡くなった直後に行われる死後処理や死化粧などの総称です。病院で亡くなった場合は看護師が基本的に行いますが、提携業者や遺族が一緒に行う場合もあります。料金が必要になる場合もあれば、無料の場合もあり、地域や病院によって異なります。

 

死後処理として行うこと

昔のように湯灌として遺体の沐浴をすることは現在ではありませんが、看護師によってアルコールに浸した脱脂綿で全身の清拭を行うのが一般的です。さらに、医療器具を取り外したことでできた傷口の処理をしたり、鼻や口、耳などに脱脂綿を詰めます。こうした処置は、ご遺体をきれいにするというだけでなく、感染症予防の点からも必要になりますので、看護師の手によって適切に行われることが求められます。ご遺体はこの後、遺族や葬儀業者によって通夜や葬儀の場に移されますので、その際に感染したりすることがないように、きちんと処理をしておくのです。

 

きれいな姿に整える

死後処理が終わったら、ご遺体をきれいな姿に整えます。着替えを行い、男性の場合は髭を剃ったりもします。死化粧は、女性だけでなく、顔色をよく見せるために男性にも施します。もちろん髭を伸ばしていた人は整える程度にしたり、化粧をどのような雰囲気で行うかなどは、遺族と相談しながら、故人の好みに合わせて行うのが一般的です。闘病生活で痩せてしまっていたり、事故で損傷している場合なども、できるだけ最後の姿を美しく整えてあげることで、故人の尊厳にもつながりますし、遺族がお別れをしやすくなります。

 

エンゼルケアの流れ

病院などでご臨終になると、一定の時間をご家族がご遺体とお別れするために、看護師などの医療スタッフは席を外します。その間にエンゼルケアの準備を行い、エンゼルケアの間はご遺族は外に出て葬儀社などへの連絡を行います。死後処理後の死化粧などの際は、遺族も一緒に行う場合もあり、病院によってさまざまです。その後、冷却などを行って葬儀社に引き渡します。病院からの移動などは、基本的に葬儀社が行ってくれるので、相談しながら進めていきましょう。

 

まとめ

エンゼルケアとは、人が亡くなった直後に行う死後処理や死化粧などです。きれいな姿でお見送りができるようにすると同時に、感染症防止の意味もある大切な作業になります。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る