Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > お墓の引越し > 魂抜き(お性抜き)について教えてください。

魂抜き(お性抜き)について教えてください。

魂抜きとは、お墓を改葬したり処分したりするときに、お墓に宿る魂を抜く儀式です。

お墓には魂が宿っていると言われるので、改装や墓じまいをするときは魂抜きを行います

お墓は建てた時に開眼供養を行い、魂を入れてもらいます。私たちは先祖の魂の宿ったお墓にお参りに行き、手を合わせるのです。そのため、お墓の改装で墓石を動かしたり、墓じまいでお墓を処分する際には、魂抜きの法要を行います。この魂抜きは、宗派や地域によって細かいところが違いますし、お性根抜きと呼んだり、閉眼法要と呼んだりするところもあります。

 

魂抜きの方法

魂抜きは、僧侶に依頼して法要を行ってもらわなければなりません。菩提寺がある場合は、その菩提寺の僧侶に相談して、魂抜きをしていただきましょう。菩提寺や、普段お世話になっている僧侶がいない場合は、霊園の管理人や、石材店に相談すれば紹介してもらえます。最近ではインターネットで申し込みをすれば僧侶を派遣してもらえるサービスもあります。

 

魂抜きの費用

魂抜きの費用は、基本的には僧侶に支払うお布施が大半になります。お布施としていくら包めばよいかわからない、という場合は、お寺に直接相談しても失礼にはあたりません。「いくら包めばよいですか?」とストレートに聞きにくい場合は「皆さん、魂抜きの際にはどのくらいのお布施をおわたししていますか?」といった聞き方がスマートでしょう。それでも「お気持ちですので」と言われて金額を教えてらえない場合は、だいたい相場である3~10万円で用意するのが無難です。お布施としてお渡しするので、白封筒にお布施と書いてお金を入れるようにします。

 

お布施以外のお金

魂抜きはお墓で行われることになりますので、僧侶にはそこまで出向いてもらうことになります。そのため、交通費を「お車料」として5千円~1万円程度用意しておきます。法要後に会食を行う場合で、僧侶が参加しないときはそのぶん「御膳料」としてお渡ししますが、魂抜きの場合は会食を設けないことが多いため、会食をしないときは御膳料も必要ありません。

 

まとめ

お墓を改装したり、別の場所に移したり、墓じまいをする場合には、僧侶にお願いして魂抜きの法要をしてもらいます。墓じまいはあまり盛大に行うわけではありませんし、法要を行うだけで会食はしないケースが多いのですが、僧侶へのお布施やお車料などは必要になるので、用意しておくようにしましょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る