樹木葬と散骨について ハピネスパーク牧野霊園

こんにちは、ハピネスパークの西村です。

10月も間もなく終わりですね。

先日、日本拳法の試合に行ってきました。
団体戦だったので、私の出番は1回だけでしたが、
団体としては、優勝することが出来ました。
来年連覇を狙いたいところです。

自宅の庭や山でも樹木葬はできますか?

現在は法律上、墓地以外の場所への埋葬は出来ないことになっています。

樹木葬とは

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を植えることで墓標とするお墓のことです。もともとは、「自然に還す」というコンセプトで始まったため、遺骨をそのまま埋めて上に木を植えるものでしたが、最近では一般的な墓地のように、骨壺に入れた遺骨を、樹木の下の納骨室に収める形式もあります。また、ひとつの遺骨につき1本の木を植える場合もあれば、大きなシンボルツリーがあってその周囲に埋葬するものなど形式もさまざまです。

自然豊かな墓地で眠ることが出来、永代供養がついていることが多いということもあって、最近人気の高まっている埋葬方法で、樹木葬専用のまるで美しい公園のような霊園も全国に広まっています。

ハピネスパーク千年オリーブの森は、後者になります。

自宅での樹木葬はできる?

埋葬して木を植えるのであれば、自宅でもできると思うかもしれませんが、自宅での樹木葬はできません。埋葬は、法律で墓地として許可した土地にしか行えないことになっていて、自宅の庭にお墓を作ってはいけないのと同じで、樹木葬もできないのです。持山で、周囲に墓地がなく、行政の許可を得ることができれば、樹木葬ができる場合もありますが、自宅の庭に行政許可を得るのはかなり難しいといえるでしょう。

 

散骨の場合

骨壺に入れずに、海や山林に粉末にした遺骨を撒くことを散骨と言います。この散骨は、葬送を目的として節度をもって行われる場合は法律に抵触しないとされており、はっきり合法と言えるかはグレーな状態ですが、法律上黙認されている方法です。

とはいえ、どこにでも散骨できるわけではなく、「公海上」「所有者の許諾を得ている土地」「業者が所有している散骨場」といった規定があり、このどれかに当てはまる場所にしか散骨はできません。

自宅の場合はもちろん所有者が許諾しているので散骨は法理的には可能ですが、やはり近隣の人のことを考えると、あまり大っぴらに庭に散骨するのはおすすめできません。実際、自治体によっては隣家の承諾を得ることを条件にしている条例もあります。

 

まとめ

樹木葬は、樹木を墓標とする埋葬方法ですが、木を植えるからと言って自宅で行ってはいけません。法律で墓地以外の場所への埋葬は禁じられているからです。

散骨であれば可能ではありますが、隣家との距離が近い場合などはあまりおすすめできません。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874