Just another WordPress site

著名人との対談

トップ > 著名人との対談

著名人との対談

なぜ?対談をするのか…。

ここ数年マスコミや報道でお墓だけではなく、仏事業界すべてが大きな問題を抱えていると報道されています。
時代が変わり、今までのやり方が通用しなくなった事も大きな要因なのかもしれません。
著名なタレント、文化人、学者、経営者など多岐にわたった方々とお墓に対する考えを聞き、これからのお墓造りについて対談をし、我々業界の啓発に役立てていく思いがあります。
私も真剣に取り組み、いい加減で軽い対談をすれば、我々業界が笑いものになってはいけないという使命感で挑んでいきます。
常に挑戦していく気持ちを大切に・・・。

 

vol.6今村九十九氏 × 山本一郎

今村九十九氏 × 山本一郎

今村九十九工房
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古( いにしえ) より多くの先人たちに学び、
現代に力強く生きています。しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。またこれらの人々との対話を
「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。

vol.5公益社社長 古内耕太郎氏 × 山本 一郎

公益社社長 古内耕太郎氏 × 山本 一郎

株式会社公益社 大阪本社
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古( いにしえ) より多くの先人たちに学び、
現代に力強く生きています。しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。
またこれらの人々との対話を「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。

vol.4杉山芙沙子さん × 山本一郎

杉山芙沙子さん × 山本一郎

five and five
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古( いにしえ) より多くの先人たちに学び、現代に力強く生きています。
しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。
またこれらの人々との対話を「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。

vol.3歌一洋先生 × 山本一郎

歌一洋先生 × 山本一郎

歌一洋建築研究所
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古( いにしえ) より多くの先人たちに学び、
現代に力強く生きています。しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。
またこれらの人々との対話を「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。

vol.2長澤香静先生 × 山本一郎

長澤香静先生 × 山本一郎

ハピネスパーク 交野霊園
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古( いにしえ) より多くの先人たちに学び、現代に力強く生きています。
しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。
またこれらの人々との対話を「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。
本誌に掲載の長澤香静師との「いにしえの対談」は、その一事例です。長澤先生は京都仏教会の事務局長でもおられます。
山本との対談では宗教人としての立場から忌憚のない意見を述べていただきました。

vol.1荒木元悦先生 × 山本一郎

荒木元悦先生 × 山本一郎

相国會本部 宗務本所
伝統や文化、習慣や慣習、あるいは四季の移ろいなど、日本人は古(いにしえ)より多くの先人たちに学び、現代に力強く生きています。
しかしともすれば古い慣習に縛られたり、伝統や文化の風趣に浸る心のゆとりを失ったりしがちなのも事実です。
弊社、山本は常日頃より宗教人や会社経営者、評論家、文化人、タレントなど幅広い人脈を持ち交流を深めています。またこれらの人々との対話を「いにしえの対談」として企画し、定期的に行っております。
本誌に掲載の荒木元悦師との「いにしえの対談」は、その一事例です。荒木先生は京都金閣寺、銀閣寺を塔頭寺院に持つ臨済宗相国寺派の庶務部長を務められ、京都仏教会の常務理事でもおられます。
山本との対談では宗教人としての立場から忌憚のない意見を述べていただきました。
5 / 512345