Just another WordPress site

HIKKOSHIお墓の引越しについて

トップ > お墓の引越しについて > お墓の引越しの費用について

お墓の引越しの費用について

移転・改葬の費用

 

「墓石の廃棄はいくらかかるのか???」


お墓の引越し・移転・改葬の一般的な相場は100~300万円です。弊社でも概ねこの相場内の金額になります。しかし、引越しには2通りの方法があり、それぞれで費用がだいぶ変わります。

 

  1. 新しいお墓を用意してお墓を移す方法。総額の相場は100~300万円
  2. 今の墓石をそのまま利用し、移転させる方法。総額の相場は50~100万円

 

 

1.新しいお墓を用意してお墓を移す方法

移転先の霊園や墓地に新しい墓石を建立する必要があります。
標準的な墓石で基礎工事も含めると100~300万円くらいが目安になります。
墓所の大きさや使用する石材のグレードによって差が生じますので、見積りの際にじっくり検討されることをおすすめします。
墓石は、石材の種類、硬度、吸水率、デザイン加工などが価格の判断材料になります。
また新しいお墓の駐車場や休憩所などの設備についても確認しておきたいものです。

 

2.今の墓石をそのまま利用し、移転させる方法

総額の相場は平均値で50~100万円です。
元の墓石を、引越し先の霊園・墓地に移転させます。
運搬費用がかかりますが、新しいお墓の建立はないので安上がりになります。

 

また1と2の総額費用には以下の金額が含まれています。

 

  • 引越し元の墓石の解体や処分:10万円~
  • お性根抜きと開眼供養:3~6万円
  • 改葬許可の申請手続き:無料(発行手数料が必要な場合があります)
  • 新しい墓地や霊園、お寺に払う管理費や永代使用料:30万円~

 

項目別に詳しく説明させて頂きます。

 

引越し元の墓石の解体と処分

引越し元の墓石の解体や処分にかかる費用は10~15万円です。
もちろんお墓の大きさや場所によって金額は上下します。
しかし、何も見ずに50万円以上請求してくる業者は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

 

お性根抜きと開眼供養

お墓を解体するときは、お寺でお経を読んで「お性根抜き」という儀式を行ってから、埋葬されていたお骨を上げることが一般的です。(地域によっては「魂抜き」など、違う呼び方になります)。そして、新しい場所に納骨をするときに今度は「開眼供養」と呼ばれる儀礼を行うことが一般的です。
この2つの儀礼のお布施の金額は地域によってもお寺によっても変わりますが、相場はそれぞれ1~3万円前後、合計3~6万円です。

 

改葬許可の申請手続き

お墓の引越しをするときは、役所・役場に行って許可を得る必要がありますが、その手続きに費用はかかりません(切手の料金がかかる程度です)。弊社は手続きを代行しておりますが、改葬の許可証を得る手続きのために料金をいただくことはありません。

 

新しい墓地や霊園、お寺に払う管理費や永代使用料

墓石を移転する場合でも、新しくお墓を建てる場合でも、管理費や永代使用料を支払う必要があります。これは共同墓地でも多くの場合、同様です。
管理費は毎年支払い続けるもので、その金額は、お墓の区画面積や、その墓苑の形態によって変わりますが、年間で数千円~数万円と、多少金額には幅があります。永代使用料は、最初に1回支払います。
基本的に、お墓を建てる土地はその墓所や霊園のものですから、永代使用料を払うことでその土地をいつまでも借りる権利を取得することができます。費用については平均区画面積などを参考に、比較検討してみるのもよいでしょう。

 

 

お墓の引越し、移転、改葬の費用に関してトラブルが多発しています

お墓の引越し、移転、改葬で多いのが、費用に関するトラブルです。お墓の状況によって必要な金額は大きく変わりますから、かなり費用がかかってしまうケースがあることは事実ですが、それでも不当に高額の料金を要求されるケースがあとを断たないようです。

電話をかけて業者に金額を問い合わせたときに、お墓の状況も見ていないのに何十万円もの金額を回答されるケースがあることが、利用者の声から明らかになっていますが、現場の確認もせずに高い料金を要求する業者には注意が必要です。この点では寺院や霊園の指定業者なら安心です。弊社では、原則として現場に行ってお墓の状況を調べたり、お客様の要望を詳しくヒアリングしたりしてから見積もりをさせて頂きます。