Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 葬儀 > お葬式も思い出として残したい。プロのカメラマンに頼むことも?!葬儀の写真撮影について。

お葬式も思い出として残したい。プロのカメラマンに頼むことも?!葬儀の写真撮影について。

お葬式の写真を撮る場合は、マナーを守って撮影するようにしましょう。

お葬式での写真撮影

お葬式での写真撮影には、いろいろなケースがあります。お葬式の様子をスナップ写真で残すこともありますし、親族が集合写真を撮ることもあります。家庭や地域によって異なるので、必ずしも撮る必要はありませんし、撮ってはいけないというわけでもありません。ただし、誰がどのように撮るのかによって守るべきマナーがありますので、その点は気を付けましょう。

 

記録として写真を残す場合

お葬式の写真を記録として残すために、葬儀社が撮影サービスを提供していることがあります。遺族にとっては、故人を偲ぶ最後の記念の写真にもなりますし、当日は忙しくて目が届かなかったところを後日見返すにも役立つものです。

この場合は、葬儀社のスタッフが撮影する場合もあれば、遺族に頼まれた知人や友人が撮影することもあります。また、きちんとプロのカメラマンに撮影してもらって、アルバムとして残したりたりDVDにして受け取ったりもでき、仕上がりのクオリティから考えると、プロにお願いするのはおすすめです。知り合いに撮影を頼む場合は、きちんと頼まれた立場で撮影していることがわかるように、腕章をつけてもらうなどの配慮をしたほうがよいでしょう。

 

参列したお葬式で写真を撮りたい場合

参列者の立場で、撮影がしたいという場合は、遺族に撮影の許可をもらってから撮るのがマナーです。最近はスマートフォンなどで簡単に撮影できるので、つい気軽に写真を撮ってしまう人もいますが、お葬式は特別な場なので、基本的には個人的な撮影は控えましょう。

また、遺族に撮影許可をもらっても、SNSなどに上げるのはよくありません。撮影する場合は、シャッター音やフラッシュが周りの人の迷惑にならないように、場所やタイミングを考えて撮影するように気を付けましょう。

 

まとめ

お葬式で写真を撮ることは、必ずしもダメではありませんが、参列者の立場で撮影したい場合は必ず遺族に許可をもらい、周りの人の迷惑にならないように撮影しましょう。遺族の立場で記録として写真を残したい場合は、プロのカメラマンにお願いしてアルバムを作成するのもおすすめです。遺族の誰かや、知人に頼んで撮影する場合は、腕章をつけるなどきちんとした立場で撮っていることがわかるように、配慮をします。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る