Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 墓じまい > 同じじゃない?!改葬と墓じまいは何が違いますか?

同じじゃない?!改葬と墓じまいは何が違いますか?

改葬は「お墓の引っ越し」、墓じまいは「遺骨の引っ越し」です。墓じまい後の遺骨の納め先により、改葬か墓じまいかが明確になります。

 

改葬も一旦お墓を閉じるため「墓じまい」となりますが、本来の墓じまいは完全にお墓をやめることです。改葬と墓じまいについてご紹介します。

 

改葬とは?

改葬は、お墓から一旦遺骨を取り出し、別の場所に埋葬しなおすことを指します。簡単に表現すると、お墓からお墓へ移動すること「お墓の引っ越し」です。現在あるお墓を閉じるため、墓じまいと捉えている方も少なくありません。しかし、改葬と墓じまいでは明確な違いがあります。お墓を閉じることは共通していますが、墓じまいの後の遺骨の納め方により区別されます。改葬は、遺骨を含めお墓を移動させることで、新たに建てたお墓や納骨堂、永代供養墓などに遺骨を納め直す場合です。

一方、新たな供養方法として注目されている、自宅で遺骨を保管する手元供養、海や山などに粉骨した遺骨をまく散骨は、埋葬の概念がないため、改葬にはあたりません。改葬を行う場合、法律により「墓地・埋葬等に関する法律」に定められている手続きが必要となりますが、この法律が適用されない供養方法なのです。

基本的には改葬手続きは不要ですが、自治体によって規定が異なるため、手元供養をする際は事前に確認しておく必要があります。

 

墓じまいとは?

墓じまいは、完全にお墓をやめることです。先祖代々に渡って継承してきたお墓を閉じて土地を更地にし、墓地の管理者に永代使用権を返却します。お墓の撤去・解体をした後は、お墓を管理することはなくなり、遺骨のみ移動させるため、「遺骨の引っ越し」とも言えるでしょう。埋葬することなく、手元供養や散骨などの供養方法を選択した場合、墓じまいとなります。

 

遺骨の納め先を決める

さまざまな理由から現在のお墓を維持していくことが困難となり、墓じまいを検討するケースが増えているのは明らかです。改葬か、墓じまいかは、墓を閉じた後の遺骨の納め先を決めなければ確定しません。遺骨をどこに納めるかによって、手続きも変わってきます。家族・親族でよく話し合い、供養方法や費用について、将来的なことも踏まえて検討してみるとよいでしょう。

 

まとめ

現在のお墓を閉じることを前提とし、その墓じまいの先にある供養方法によって、「改葬」か「墓じまい」かが区別されます。どちらを選択しても新しい供養の仕方が始まるため、後悔のないよう、あとの供養に繋げていきましょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る