Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 仏壇を置く方角って決まっている?!宗派別にみた仏壇の方角。

仏壇を置く方角って決まっている?!宗派別にみた仏壇の方角。

仏壇を置く方向は、宗派によって考え方が違います。

宗派によって仏壇の方角は違う

仏壇をどの向きに置くかは悩むところですが、宗派によって考え方が異なります。自分の宗派に合った置き方をするのも一つの方法です。

 

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗や臨済宗の場合は、南面北座説がよいとされています。南面北座説は、仏壇の背を北に、南に向くように置く置き方です。お釈迦様が南向きに座って説法をしていたということに由来しており、明るく風通しが良いことからも仏壇には適しているといわれます。

 

浄土真宗・浄土宗・天台宗

浄土真宗・浄土宗・天台宗の場合は、西方浄土説がよいとされています。西方浄土説は、西に仏様がいるという考え方から、仏壇を東向きに置いて西に向かって礼拝できるように配置するものです。これらの3つの宗派は御本尊である阿弥陀如来が西方浄土にいると考えられているため、西への礼拝が重視されるのです。

 

真言宗

真言宗では、本山中心説がすすめられています。真言宗の総本山は和歌山県の金剛峯寺ですが、礼拝をするときにこの向きになるように仏壇を置くのです。そのため、地域によって方向は異なり、和歌山よりも西の地域では東向きに、東の地域では西向きに置くことになります。

 

拝みやすい方向で

昔は多くの家に仏間があったため、自然と仏壇を置く場所が決まっていました。現在は仏間のない洋風の住宅が増えているので、仏壇をどこにどの向きで置くか悩む人が多くなっています。しかし、仏壇は亡くなった人を偲び、手を合わせることが目的ですから、場所にそこまでこだわる必要はありません。和室を設けて立派な仏壇を置くのも良いですし、コンパクトでインテリアにも合った仏壇をリビングに置いて、気軽にお参りできるようにするのも良いでしょう。

場所や方角にこだわりすぎるよりも、手を合わせやすい場所に置くことが大切です。仏教ではどの向きにも仏様がいるとされていたので、どこに向けても基本的には大丈夫ですが、一般的には北向きだけは避ける傾向があります。

 

まとめ

仏壇を置く方角は、宗派によって異なりますが、それほど気にすることはありません。自分の宗派が良いとしている方角に置けない場合は、日々のお参りがしやすいところに置くとよいでしょう。仏教ではどの方向にも仏さまがいるとされているので、違う向きにおいても問題ありませんが、一般的には北向きだけは避けることが多いようです。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る