Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > その他 > 他人と同じ墓に入る?!「墓友」とは何ですか?またそのメリットと注意点は?

他人と同じ墓に入る?!「墓友」とは何ですか?またそのメリットと注意点は?

墓友とは、一緒にお墓に入る友人のことです。

親族ではなく、友達とお墓に入りたいという人が増えています。

お墓は本来「家」単位で受け継いでいくものです。亡くなったらその家のお墓に入り、子どもや孫などその家の子孫が代々お墓を受け継いで管理していきます。しかし、少子化や独身者の増加により、お墓がなかったり、お墓を用意しても管理してくれる人がいないといった問題が生じるようになりました。そういった現代の流れを背景に誕生したのが「墓友」です。墓友とは、一緒のお墓に入ることを約束した友達で、家族ではありませんが同じ死生観を持ち、同じように子供や親族に世話をかけたくないと思っている友人であるのが一般的です。長年付き合っていた友人である場合もあれば、終活イベントなどで出会って意気投合するケースもあります。

 

墓友とお墓に入るメリット

墓友とお墓に入るということは、基本的には親族や遺族にお墓の管理などを委ねないということが前提になります。そうしないと、どちらの親族が管理をするのかや、どちらが相続するのかなどでトラブルになる可能性があります。墓友とのお墓は、永代供養墓である必要があり、できれば樹木葬など管理費が必要ないものの方がスムーズに進むでしょう。また、故人にとっても、親族がいなくても一人でお墓に入らなくてよい、というのは気持ちの上でとても安心感があります。

 

墓友とお墓に入る際の注意点

お墓は用意するのも永代供養してもらうのも、意外とお金がかかるものです。そのため、お金をどのように分担するのかは、事前にきちんと決めておくようにしましょう。契約時に支払うお金の他に、毎年の管理費が必要になりますから、それをどうするのかも考えておく必要があります。また、住んでいる場所が離れている場合などは特に、どこにお墓を用意するのか、お参りすることは可能かどうかなども話し合っておく必要があります。

 

まとめ

墓友とは、同じお墓に入ることを約束した友人のことです。最近では親族でなくても同じお墓に入ることができる墓地が増えていることもあり、墓友と眠りたい、という人も多くなりました。とはいえ、お墓の初期費用はもちろん、管理費などお金の問題もありますから、事前によく話し合いをしておくことが必要です。親族がいる場合は、その了解をとり、協力を求めておくことも必要でしょう。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る