Just another WordPress site

よくあるご質問

トップ > Q&A > 自然葬 > 樹木葬とはなんですか?

樹木葬とはなんですか?

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標として、遺骨を土に還す自然葬の一つです。

樹木葬とはお墓に納骨する従来の埋葬とは違って、霊園の敷地や自然の山や木、草花の下に骨を埋葬する方法です。自然へ還ることができる埋葬方法です。

 

樹木葬の歴史

樹木葬はまだ歴史の浅い供養スタイルですが、広がりを見せています。

日本初の樹木葬は、1999年に岩手県の寺院 大慈山祥雲寺(現:長倉山 知勝院)によって栗駒山山麓につくられたのが始まりで、ご遺骨のそばに低木類の樹木を植えていき、里山の緑化再生を兼ねたものでした。

現在、各地で人待っている樹木葬は、墓標となる樹木(シンボルツリー)を1本植えて、その周囲にご遺骨を埋葬するスタイルがほとんどです。

 

樹木葬の特徴

樹木がシンボルになっている

墓石の代わりに樹木をシンボルとしたお墓です。

オリーブの木やハナミズキなどのシンボルツリーの周りに遺骨が埋葬される方法と、1人に1本の樹を植える方法があります。

 

継承を必要としない永代供養

樹木葬は基本的に、後継ぎを必要としない永代供養です。

お墓の管理をお子様に任せるのは負担になると考えている方やお墓の管理をしてもらえる方がいない、という方にオススメです。

 

宗旨・宗派不問

家制度などに縛られない樹木葬は、ほとんどの場合、宗旨・宗派を問いません。

 

 

樹木葬の種類

樹木葬の種類には大きく分けて2種類あります。

 

里山型の樹木葬

都市部から離れた山林など広い墓域で埋葬されます。

一見するとお墓の位置がわからないほど、自然に溶け込むことができます。

 

1人1本植樹することから、里山の環境保全につながるといわれています。

日本初の樹木葬として始まった祥雲寺の樹木葬は里山型でした。

 

都市型・公園型の樹木葬

1人1本植樹せず、目印となるシンボルツリーの周りに埋葬する樹木葬です。

樹木の周りに特に墓標をたてず、個々がわかるように、墓碑銘が記載がある場合と、まとめて埋葬される場合があります。

 

 

まとめ

個人の生き方を尊重する風潮やお墓を管理する人がいないなどの影響で、今までの墓石があるお墓だけでなく、自然葬をはじめ、埋葬も多様化しております。

樹木葬は、墓石を建立するよりも費用がかかりませんし、お墓の管理を誰に任せるのかを考える必要もありません。

お墓の費用はおさえて、生前に自分のやりたいことをしたい方、お墓の管理が心配な方は、ご検討ください。

 

むずかしいお墓のことを優しく丁寧にご説明します!
故人と遺族の思いを大切にしたご提案が出来ます!

水と緑と光りに溢れた、天国のような霊園

ハピネスパーク

  • 気軽に行ける、アクセスの良い立地
  • 花と緑に囲まれた欧風霊園
  • 手入れの行き届いたキレイな園内
  • バリアフリーで車椅子でも楽々
  • 個性的なお墓から樹木葬までご提案

 

「明るく綺麗な霊園・充実した設備・管理体制」この3つの要素が一体となる事で、皆様が心から「幸せ」だと感じていただける霊園になると、当社は考えております。

 

お問い合わせ・来園予約

 

そのほかの「よくある質問」はこちら

一覧に戻る