開眼(かいげん)供養(くよう)と閉眼供養とは【大阪 奈良 京都 兵庫 滋賀 】

こんにちは。

千年オリーブの森 田中です。

本日は、開眼供養についてお話いたします。

開眼供養はどんな事をするの

開眼供養と開眼法要は同じ意味合いをもちます。

供養であると同時に、祝いごとでもあります。

お墓を建てた時、あるいは仏壇(ぶつだん)を買った時など、僧侶(そうりょ)に依頼して故人の魂を墓石や仏壇(仏様)に宿(やど)すための法要です。

お性根(しょうね)入(い)れ、魂(たましい)入(い)れなどとも呼び、開眼供養をおこなうことでただの石である墓石のなかに、亡くなった方の魂を宿(やど)すことができます。

呼び方と意味

死者の魂(たましい)をお墓に入れる儀式(ぎしき)なので入魂式、御魂(ごたましい)入(い)れ、御性根(ごしょうね)入(い)れ、お精(せい)入(い)れとも呼ばれます。

親族が亡くなると、定期的に法要が催(もよお)され、僧侶(そうりょ)を招(まね)いて故人(こじん)の魂を供養します。

閉眼供養とは

それに対して、お墓を閉じて更地に戻(もど)すときは、亡くなった方の魂を抜き取るための法要として、閉(へい)眼(がん)供養(くよう)をおこないます。

仏の目を最後に書く意味

もともとは仏像の目を開くという意味です。

仏像作りでは大部分を完成させておいて、最後に仏像の目を描きます。

これを儀式化(ぎしきか)したものが開眼供養で、開眼供養を行って初めて仏像に霊験(れいけん)が宿(やど)るとされています。

その他、宗派によっても異なり、浄土(じょうど)真宗(しんしゅう)の場合は、目を開いたり、魂を入れたりという概念(がいねん)がないため御移徙(ごいし)、建碑慶讃(けんぴけいさん)法要(ほうよう)、墓所(ぼしょ)建立(こんりゅう)法要(ほうよう)などの名称(めいしょう)です。

お墓の場合には、さらにお墓(はか)開(びら)きとも呼びます。

一般的にはこのような行事のことを法事と言いますが、法要との違いを理解した上で言葉を使い分けている人は、あまり多くありません。

樹木葬のことだけではなく、位牌、仏壇の供養、墓じまいなど、気になることや、わからないことなどがございましたら、何でも千年オリーブの森にご相談ください。

千年オリーブの森お問合せはこちら☞https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/contact

千年オリーブの森ホームページはこちら☞https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/

よくある相談☞https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/qa/

千年オリーブの森アクセスはこちら☞https://g.page/saikaku-1000-olive?share

千年オリーブの森Instagram☞:https://Instagram.com/ori_bunomori/

千年オリーブの森 堺和泉: https://e-saikaku.co.jp/sakai-izumi

 

 

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
https://e-saikaku.co.jp/park/katano/
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
https://e-saikaku.co.jp/park/makino/
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
https://e-saikaku.co.jp/1000-olive/
TEL 0120-41-8874
千年オリーブの森 堺・和泉〒594-1112 大阪府和泉市三林町845-1
https://e-saikaku.co.jp/sakai-izumi/
TEL 0120-81-8874