ハピネスパーク牧野霊園の秋彼岸

ハピネスパーク牧野霊園の富松です。

ここ枚方 西牧野のハピネスパーク牧野霊園では、本日も秋彼岸中ということもあり、たくさんのお客様が来られているとです。

ハピネスフラワーマーケットでは、お彼岸のお墓参り用の墓花をたくさん用意してお待ちしているとです。

昨日も、今年のお彼岸花もきれいですねと言っていただいたとです。

秋彼岸とは

秋彼岸とは、秋分の日を中日とする前後7日間のことです。この時期、仏教では極楽浄土に想いをはせ善行を積むべき、大切な時期とされています。一般的には、お寺の法要に参加したり、お墓参りに行ったりして、先祖や故人を偲び供養します。

2020年の秋彼岸

彼岸入り 919日(土)

中日 922日(火・祝日)

彼岸明け 925日(金)

初彼岸とは

初彼岸とは故人が亡くなって、四十九日を過ぎてはじめて迎えるお盆を新盆、初盆というのに対し、四十九日後はじめて迎えるお彼岸を初彼岸といいます。

お墓のお供え物

お彼岸のお供えといえば、おはぎとぼた餅が定番です。

なぜ、彼岸のお墓参りに、おはぎとぼた餅を供えるようになったかというと、秋は萩の花が咲くことから秋彼岸のお供えにはおはぎ、春は牡丹の花が咲くことから、春彼岸のお供えにはぼた餅、という説が一般的です。

秋彼岸のお墓参りは、ぜひハピネスフラワーマーケットへお立ち寄り下さい。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

ハピネスパーク牧野霊園へ墓を移動

ハピネスパーク牧野霊園の富松です。

お墓の移動(引っ越し)

お客様からの相談で、すごく増えているのが、現在所有しているお墓が遠方で通うのが困難である。

また、遠くはないが坂や階段が多く、自分の墓所までたどり着くのが大変である。

といった相談が、年々増えています。

先日、起こしいただいたお客様も、階段が多く、登っていくのが大変だということで、ハピネスパーク牧野霊園で墓石を建立され、お骨をハピネスパーク牧野霊園へ移動されました。

墓石解体工事

先日、お墓の解体工事に立ち会いました。

階段をすべて登ったところにありました。たしかに登り切った時には、汗だくになったとです。

ひとつひとつ、丁寧にお墓を解体して、

少しづつ、下ろしていったとです。

そして、お骨をあずかり、ハピネスパーク牧野霊園のお墓に運ばせていただいたとです。

この墓地での解体工事中にも、お墓参りのお客様に相談をいただきました。

お墓の移動、引っ越しについては、

https://e-saikaku.co.jp/hikkoshi/をクリックお願いします。

詳しいハピネスパーク牧野霊園の場所は

こちら(グーグルマップ)

をクリックお願いします。

 

 

 

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

ハピネスパーク交野霊園へ電車が

ハピネスパーク牧野霊園の富松です。

先日、ハピネスパーク交野霊園に待ちに待った電車がやってきたとです。

京都市大宮交通公園から、陸路ハピネスパーク交野霊園に到着です。

この電車は、明治45年から昭和36年まで、京都市民の足として親しまれ、現役引退後は、大宮交通公園に展示されていました。

この度、ハピネスパーク交野霊園で、法要施設として、再び活躍してもらうことになりました。

このニュースは、昨日の産経新聞の夕刊でも紹介されたとです。

 

たくさんの人達の協力により、ハピネスパークへ電車が到着した時には、感動しました。

これから、お墓参りや法要されるお客様に喜んでいただくために、内装、外装もさらに良くなります。

楽しみにしていただければと思います。

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

大阪 枚方 ハピネスパーク牧野霊園の萬灯祭

ハピネスパーク牧野霊園の富松です。

暑い夏、ハピネスパーク牧野霊園では、お盆期間中も、たくさんのお客様に来園していただきました。

ありがたいことに、お墓の供花、墓花も、昨年以上にハピネスフラワーマーケットでお買い求めいただき、感謝、感謝とです。

お墓の送り火 萬灯祭

ハピネスパーク牧野霊園では、今年もお盆前に、霊園内をきれいにしていったとです。

まずは、霊園入口近くにある、水路を

うおおおおおおおおおおっときれいになったとです。

天使も喜んでるとです。

お墓の送り火

お盆の期間に一緒に過ごした先祖や故人の霊を送り出す行事です。

ハピネスパーク牧野霊園のお客様も皆様、さまざまな想いで、お盆の送り火を灯してお墓に参っておられました。

 

 

 

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お盆のお墓参りと新盆 初盆

ハピネスパーク牧野霊園の富松です。

ここ大阪府枚方市のハピネスパーク牧野霊園では、連日、猛暑の中、植栽スタッフによる、霊園内の墓石間の植栽などの剪定が行われているとです。

すごくきれいに刈り込んでいただき、すっきりしたとです。

新盆(初盆)とは

初盆とは、人が亡くなってから四十九日(満中陰)を過ぎた後、初めて迎えるお盆のことを言い、地域によっては新盆と呼ばれることもあります。

お盆というのは、亡くなった人が年に一度、家族のもとへ帰ってくると言われる、大切な儀式のひとつです。

特に、亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを新盆(初盆)といい、念入りに供養される方が多いです。

初盆に提灯の飾りつけ

初盆に提灯を飾るのは、先祖や故人の霊が迷わずに家族のもとへ帰ってこれるようにという意味があります。

また目印としてだけではなく、盆提灯は故人の冥福を祈ったり感謝の気持ちを表して供養するという意味も込められていると言われます。

ハピネスパーク牧野霊園では、これからお迎えするお盆のお墓参りのために、スタッフ一同で、霊園をきれいにしてお待ちしております。

お盆の墓参りは

お盆用の墓花をたくさん用意してお待ちしております。

 

 

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874