永代供養 相場

こんにちは、㈱西鶴の藤田です。

永代供養 価格

従来の形で新しくお墓を建てようと思えば、墓地区画の永代使用料墓石代刻字料建墓工事費などがかかります。そのため一般的には、お墓を新しく建てるためには、100万~200万円が必要だとされています。

一方、永代供養墓を選ぶ場合には、最初に一括して払う、という考え方が一般的で、その中には

 

①永代供養料…永代にわたって供養をしてもらうためのお布施

②納骨供養料…納骨する際、僧侶に読経してもらうためのお布施

③刻字料…墓誌またはプレートなどに故人の名前などを刻字してもらうための費用が含まれています。

 

以上を合わせて大阪府内では、供養方法に合わせて1区画、10万~50万円というところが相場のようです。

また、永代供養墓でも個人墓や家族墓、ペットと一緒に入れる墓石などを選んだ場合には、別途墓石料がかかります。墓石の相場としては、1区画、70万ぐらいからとされています。

 

永代供養について詳しくはこちらから

 

いつも、ありがとうございます。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

永代供養 大阪

                               2020/1/5

あけましておめでとうございます!(株)西鶴の藤田です。

永代供養 相場、費用

従来の形で新しくお墓を建てようと思えば、墓地区画の永代使用料墓石代刻字料建墓工事費などがかかります。そのため一般的には、お墓を新しく建てるためには、100万~200万円が必要だとされています。

一方、永代供養墓を選ぶ場合には、最初に一括して払う、という考え方が一般的で、その中には

①永代供養料…永代にわたって供養をしてもらうためのお布施

②納骨供養料…納骨する際、僧侶に読経してもらうためのお布施

③刻字料…墓誌またはプレートなどに故人の名前などを刻字してもらうための費用が含まれています。

以上を合わせて大阪府内では、供養方法に合わせて1区画、10万~50万円というところが相場のようです。

また、永代供養墓でも個人墓や家族墓、ペットと一緒に入れる墓石などを選んだ場合には、別途墓石料がかかります。墓石の相場としては、1区画、70万ぐらいからとされています。

 

永代供養について詳しくはQ&A 永代供養をご覧くださいね。

 

                            株式会社 西鶴

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

永代供養 大阪

こんにちは、ハピネスパーク交野霊園の藤田です。

永代供養 大阪 寝屋川、枚方

新しいお墓のかたち、供養のかたちとして、ここ数年注目されているのが「永代供養(えいたいくよう)」です。

「永代」とは「限りのない長い年月」という意味です。つまり「永代供養」とは、亡くなった後、お寺や霊園に未来永劫、供養し弔うことをお願いするということです。

日本では、どこの家庭もお寺に属すことが定められた「檀家制度」が、江戸時代より続いていました。

この檀家制度によって、家族が亡くなると菩提寺の僧侶にお葬式を執り行ってもらい、またご先祖の命日には僧侶を招いて法事を行い、お彼岸やお盆には、お墓参りをし、お坊さんに読経していただくという習慣が、長く続いたのです。

しかし、戦後の高度成長期を経て、多くの日本人は故郷を離れ、都会で生活するようになってきました。

それでもまだ「家を継ぐ」という考え方が残っていたころは、家を継ぐ=先祖代々の墓を継ぐ、と多くの人が思っていました。

ところが故郷を離れた世代が、二代目、三代目になり、また少子社会の到来とともに、故郷の家やお墓を守る人がだんだんいなくなってきました。

先祖代々のお墓はあるけれど、そこにはほとんど行くこともない、菩提寺のお坊さんとも会ったことがない、という人が増えるにつれ、多くの人のお墓に対する考え方も変わってきました。

実家の両親が亡くなった後、先祖代々の墓があるから、という理由でなじみもなく、お参りも不便な田舎の墓に祀りたくない、と思う人や、自分の墓所は自分で選びたい、と考える人が増えてきたのです。

永代供養という考え方は、そんな事情を背景に登場しました。

永代供養 について詳しくはこちらからご覧くださいね。

 

本日は、この辺で失礼します

いつも、ありがとうございます。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

永代供養 寝屋川 枚方

今年の秋は寒暖差が大きいですね。体調管理には十分に気を付けてください。

永代供養

『 永代供養 』という言葉を目にする機会が増えてきました。

日本人のライフスタイルが変わってお葬式やお墓、先祖供養のあり方も急速に変わりつつあるなか、

『 これから先、故郷に帰る予定はないから、両親のお墓もこちらに移したいのだが、どうしたら良いのだろう?』

『親族全員が先祖代々の土地を離れてしまっている。先祖代々のお墓はどうしたら良いのか』

『一人暮らしで、そろそろ終活も考えなくては、と思っている。自分のお墓のことも考えておきたい』といった悩みを持つ人も増えています。

永代供養とは?

新しいお墓のかたち、供養のかたちとして、ここ数年注目されているのが「永代供養(えいたいくよう)」です。

「永代」とは「限りのない長い年月」という意味です。つまり「永代供養」とは、亡くなった後、お寺や霊園に未来永劫、供養し弔うことをお願いするということです。

日本では、どこの家庭もお寺に属すことが定められた「檀家制度」が、江戸時代より続いていました。

この檀家制度によって、家族が亡くなると菩提寺の僧侶にお葬式を執り行ってもらい、またご先祖の命日には僧侶を招いて法事を行い、お彼岸やお盆には、お墓参りをし、お坊さんに読経していただくという習慣が、長く続いたのです。

もっと 永代供養 を知りたい方は、こちらから お願いします。

本日は、この辺で失礼します。

いつも、ありがとうございます。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

永代供養 納骨堂 樹木葬 寝屋川

こんにちは、㈱西鶴の藤田です。今年の秋は暖かいですね。
交野霊園内は、春と勘違いしてミツバチが飛んでいます♪

永代供養 納骨堂 樹木葬 寝屋川

永代供養墓、樹木葬、納骨堂という言葉を目にすることが多くなっていませんか?家族構成が変わり、埋葬に対する価値観の多様化によって、お墓の埋葬方法に変化を感じます。

永代供養墓と樹木葬は、基本的には両方ご遺骨を同じ場所に埋葬するためのお墓であるという共通点があります。

納骨堂とは、個人、夫婦といったさまざまな単位でご遺骨を収蔵することができる「納骨スペース」です。室内に設けられていることが多く、ご遺骨を土に還さず「骨壺でそのまま収蔵する」点と、「ひとつの建物の中にたくさんの納骨スペースを備えている」点が、従来のお墓との大きな違いでしょう。
昔ながらのお墓を「一戸建て」、納骨堂を「マンション」と例えるとわかりやすいかもしれません。

永代供養墓 樹木葬

永代供養墓は神社、霊園などが永代にわたって個人の供養を行う合葬墓のことを指します。

樹木葬は、墓石ではなく、樹木や花を墓標にしてご遺骨を埋葬します。
自然を愛し、お亡くなりになった後は、自然への帰還を願う方も、増えています。

 

 

最後は自然に還りたいといった故人の願いをかなえる新しいお墓の形です。

樹木葬とは? を詳しくはこちらから

安心できる 永代供養 を詳しくはこちらから

いつも、ありがとうございます。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874