樹木葬と自然葬の違い

こんにちは。

ハピネスパーク牧野霊園の篠田です。

お彼岸にはたくさんのお参りの方や、お墓を購入の方で

大変賑わっていました。たくさんの方とお話しさせていただき

とても楽しかったです。

自然葬とは

自然葬というのは「埋葬や散骨」する場所が自然の場所であれば、それは「自然葬」と呼ぶことが可能です。自然といっても、山や海など色々な自然があるため、自然選ぶ自然ごとに山林葬や海底葬など呼び方も変わってきます。
自然葬の名称については、明確な呼び方は法律で決まっているわけではありません。そのため、大きなカテゴリーのように「自然葬」と言われています。

 

自然葬の仕方についても様々で、一般的な埋葬に比べると自由度が高いのが特徴的です。
色々ある自然葬の中でも「散骨」「樹木葬」が人気となっています。

 

例えば「故人が宇宙が好きだったから」と宇宙を自然と捉え、宇宙に遺骨を散骨することは宇宙葬とも呼ぶことができますが、実現しようとすると困難です。

このように自然葬といっても、なかなか実行したくてもできないものもあります。ですから、どうしても選択肢が限定されてしまいます。
よって「自然へ散骨したい」「埋葬できる自然環境に樹木葬したい」という方が多いのです。

 

樹木葬と散骨の違い

「散骨」という方法は、遺骨を粉状にしたものを山や海などの特定の場所に撒く方法のことです。

そのため、手を合わせてお参りできるようなお墓がないケースになります。

散骨は、公的機関に対して許可申請が必要ありません。しかし、散骨する場所によっては周辺住民や、土地の所有者ともめることもあるので注意しましょう。

一方樹木葬は、墓地や霊園に樹木を植樹した周囲に遺骨を埋葬します。

埋葬方法としては、墓地にお墓があることに変わりません。法律上では一般的なお墓と同じです。

霊園によって、墓碑銘を記載した大理石を設置することもありますが、墓石などは使わないことが多いです。自然や緑、樹木が墓標となります。
最近では樹木に囲まれて小さい墓石が沢山おかれているスタイルなども出てきました。

また合祀というスタイルであれば、他の方と一緒に納骨されます。

 

散骨と混同されやすいのは、埋葬時に散骨して樹木の近くに埋葬するスタイルもあるからでしょう。

ただし墓標として樹木や草木を中心にするので、一般的な散骨とは異なります。樹木葬の中でもより自然に近い状態で埋葬する方法として粉骨の状態にして散骨するという葬儀方法です。

そこが散骨と混同されてしまったようです。

わからないことがあれば、スタッフに何でも来てください。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お墓の引っ越し(改葬)の手続きについて教えてください。

こんにちは。

ハピネスパーク牧野霊園の篠田です。

墓石の移動の有無や、ご遺骨をすべて移動するのかによっても手続きは違ってきます

お墓の引っ越しのことを改葬といいますが、その手続きは引っ越しの内容によっても違ってきます。お墓をそっくりそのまま墓石ごと移すのか、墓石は新しいものにするけれどご遺骨はすべて移動するのか、今のお墓は遺したままご遺骨の一部を移して新しいお墓を作るのかなど、いろいろなケースがあります。

 

改葬先のお墓を探す

まずは、新しく移転する先のお墓を探します。墓石ごと移すことを予定しているのであれば、それを受けて入れてくれる霊園などを探す必要があるので注意しましょう。墓石の移転を受け入れていないところもありますし、敷地の関係で古い墓石が置けない場合もあります。指定の石材店で墓石を依頼することが定められている霊園もあります。墓石の移動をする場合は、まずはそれが可能かどうかを確認しながら新しい墓地を探します。見つかったらそこで、「受入証明書」を発行してもらいましょう。

改葬前のお墓で手続きをする

改葬元のお墓のほうでも手続きは必要です。お墓のある市町村役場で「改葬許可申請書」をもらうか、インターネット上でダウンロードを行います。これに必要事項を記入して、事前に連絡の上で改葬元のお墓のある霊園など管理者に署名・捺印をしてもらい、市町村役場へ提出します。受理されると「改葬許可証」が発行されますが、この改葬許可証の発行に必要な書類が改葬許可申請書のみの市町村もあれば、永代使用許可書や受入証明書が必要な場合もあるので事前に確認が必要です。

 

改葬を行う

改葬元のお墓で改葬許可証を提示してお墓の魂抜きを行い、ご遺骨を取り出して、新しいお墓に移します。この場合も改葬許可証の提示が必要になりますので忘れないように持参しましょう。また、新しいお墓でも、開眼供養などを行い、納骨をします。古いほうのお墓を使わないのであれば、更地にする必要があります。

 

業者にお任せする方法も

お墓のお引越しは、引っ越し元と引っ越し先の双方で書類の作成などが必要になるため、意外と手間がかかります。そのため、業者に一括してお願いする方法もあるので、忙しい方や手順がよくわからないという人は依頼するとよいでしょう。

わからないことは、気軽に聴いてくださいね。

スタッフが親切に対応させていただきます。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

霊園の現地見学の際にチェックしておくべきところ!

こんにちは。

ハピネスパーク牧野霊園の篠田です。

先週は、雨が多く天気の悪い日が多かったですね。

少しづつ暖かい日が増えてきて、春が近づいてきている

ように感じます。

もうすぐ春だなと思いました。

交通アクセス

霊園を検討するうえで、交通アクセスはとても大切です。一般的に霊園は郊外にあることが多いのですが、車で行ったときの経路や、公共の交通機関を利用したときの経路など、いくつかの方法でアクセスできるように調べておきましょう。親族の中には車で行く人もいるでしょうし、車で行くことができない人もいるかもしれません。現地見学の際には、実際にどれくらいの時間がかかったか、駐車場の台数は十分か、駐車場から墓地までは遠すぎないかなどをチェックします。電車やバスで行く場合は、電車やバスが不便でないか、駅やバス停からの移動は無理なくできるかも確認しておきましょう。

 

施設

施設も霊園の現地見学では重要なポイントです。管理事務所には係員が常駐しているか、スタッフの対応は丁寧か、木や草花の手入れ、清掃などは行き届いているかなどは、実際に現地を見ないとわからないポイントです。また、水道やバケツなど、お墓参りに行ったときに使うものも、その有無はHPで確認できるかもしれませんが、実際に見てみたらボロボロだったり汚れていたりということもあります。状態を確認しておくことは大切です。売店やフラワーショップがある場合は、どれくらいの店舗で、品ぞろえはどうかなども見ておくとよいでしょう。

 

バリアフリー

バリアフリーになっているかどうかも、現地見学で見ておきたいポイントです。霊園は山の中腹にあることも多く、坂や階段があるところも少なくありません。若くて元気なうちはそれでもかまいませんが、歳を取ってからのお参りや、車椅子でのお参りが必要になったときに、バリアフリーでないとお墓まで行くのも大変になってしまいます。階段だけでなくスロープもあるか、地面は車いすでも通りやすい舗装がされているかなども気になるところです。

わからないことなどがあれば、お気軽にスタッフにお聞きください。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

宗教別にみた墓石の違い。

こんにちは。

ハピネスパーク牧野霊園の篠田です。

先週は、天気の悪い日が多く冬らしくない日が多かったように感じます。

また寒くな日があるみたいなので、体調管理には気を付けたいです。

 

墓石の産地

墓石には、国産のものと外国産のものがあります。墓石に使われるのは大半が御影石ですが、日本産の御影石は世界基準で見ても非常に高品質であり、品質の面で不安を感じることはありません。その一方で、墓石の元となる石材は現在世界中から輸入されており、さまざまな国の石で墓石を作ることができるのも確かです。御影石は世界のあちこちで産出されるうえ、産地によって色合いなども変わってくるため、他とは違った雰囲気の墓石がよいということで、外国産の石を選ぶ人もいます。

 

外国産墓石の品質

外国産というと、品質が良くないようなイメージを持たれがちですが、決してそんなことはありません。外国産でも品質の高い墓石はたくさんあります。ただし、品質の幅が広いのも外国産の特徴で、日本産に劣らないような高品質な墓石もあれば、大丈夫かな?というような墓石もあります。そのため、産出国の確認ももちろん大切ですが、吸水率や圧縮強度、比重などもチェックして、品質の良いものを選ぶことが大切です。吸水率が高いと水を含みやすく、ひび割れなどの原因となるので吸水率は低いものを、圧縮強度は高いほうが丈夫なので高いものを選びましょう。

 

国産と外国産墓石の価格

国産と外国産の墓石は価格が大きく違います。国産の墓石は人気が高い上に、産出量にも限りがあるので、外国産に比べるとかなり価格は高くなります。外国産の墓石のほうが全般的に価格が安く、購入しやすいのですが、品質の価格が対応していない場合もあるので品質には注意が必要です。たとえば中国産でも非常に高品質の墓石はありますが、中国は産出量が多い上に人件費もやすいので、国産に比べるかなり安く購入できます。石の品質は素人がみてもなかなかわからないので、外国産の墓石を選ぶときは吸水率などの数字でチェックすることと、信頼のできる石材店と相談しながら選ぶようにするとよいでしょう。

分らないことなどがあれば、気軽にスタッフに聞いてください。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

法事のお布施の相場はいくらですか?

こんにちは。

ハピネスパーク牧野霊園の篠田です。

やっと冬らしい寒さを感じましたが、やっぱり暖かい

方が好きです。早く暖かくなって欲しいです。

本日は、お布施について書きます。

お通夜・葬儀・告別式のお布施

2日に渡って行われる法要をお願いするとあって、この場合の相場は10~50万円程度になります。最近では葬儀社が紹介・手配をしてくれる場合も多くなっていますが、その場合は葬儀社の人にどれくらい渡せばよいか相談すれば大丈夫です。初七日まで含めて渡すところも少なくありません。

 

周忌法要などのお布施

葬儀後も、一定の日数が過ぎるごとに法要を行い、その都度お布施は必要です。四十九日や一周忌は3~5万円、3回忌をすぎると、1~5万円程度がそうばになります。こういった法要の際に会食を行う場合は、会食に出席するか僧侶に確認して、出席しない場合はお膳料として5千円~1万円、交通費をお車料として3千円~1万円程度お渡しすることもあります。こうした相場は、地域によって違いもありますので、年配の親族や地域の人に相談するのがおすすめです。

 

その他の供養・法要のお布施

年忌法要以外にも、僧侶に供養をしてもらう機会にはその都度お布施をお渡しします。納骨式や、お墓の改葬、お位牌の供養などの場合は、いずれも相場が1~5万円程度です。また、毎年お盆に供養してもらう場合の相場は5千円~1万円程度ですが、初盆のみ3~5万円と金額があがります。また、お彼岸などに、個別で法要してもらう場合は、3~5万円が相場になりますが、合同法要であれば5千円~1万円程度になります。個別か合同かでも金額は変わってくるので、それも判断のひとつにするとよいでしょう。毎月の月参りなどであれば、3千円~1万円程度でかまいません。

わからないことがあれば、何でもお気軽にスタッフに来て下さい。

親切丁寧に、対応させていただきます。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874