お盆とお彼岸

こんにちは、㈱西鶴の津川です。

9月も下旬に入り、過ごしやすい気温になってきましたね。
最近、蚊に噛まれる頻度が高くなり、8月との温度の違いを感じています。
今回は、お盆とお彼岸の違いについて、取り上げていきます。

盆と彼岸

お盆もお彼岸も、ご先祖様に感謝をし、供養をする行事・期間です。
共通点のある二つの行事ですが、この二つにはいくつかの違いがあります

意味

お盆は、祖先の霊を祀る一連の行事のことを指します。
彼岸は、ご先祖様がいる彼岸と、私たちがいる此岸(しがん)が最も通じやすくなる時期を指します。

時期

お盆は8月15日を中心とし、地域差はありますが、一般的に8月13日〜8月16日に行われます。
彼岸は、春分の日・秋分の日を中日とし、前後3日間を合わせた一週間分を春彼岸・秋彼岸と言います。

まとめ

お盆は、ご先祖様が帰ってくる日。お彼岸は、私たちがご先祖様に会いに行く日と捉えることができるでしょう。
お墓参りや仏壇に手を合わせることで、ご先祖様を供養し、敬う気持ちを忘れないようにしたいものです。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

供養とは?

こんにちは、㈱西鶴の津川です。

日々の暑さが少しずつ和らいできたように感じます。
牧野霊園、交野霊園ともにバラが剪定され、霊園内がすっきりとしました。

今回は、供養について取り上げていきます

供養とは?

供養とは、亡くなった故人に対して冥福をお祈りする行為を指します。
お墓参り、法要での読経など、故人を偲ぶ行為全てに供養という言葉を使うことができます。

供養の種類

供養は、仏教供養と追善供養の2種類に分けられます。
仏教供養は仏様に対して尊敬の念を示してお供え物を捧げること
追善供養は亡くなった人に対して冥福をお祈りし、回忌法要や仏壇でのお祈りをすること
という違いで分けられます。

ペットや人形の供養

日本では、生き物に限らず全てのものに魂が宿るという考え方から、ペットや人形に対して供養を行う慣わしもあります。
ペットと一緒に眠ることができるお墓や、ペット専門霊園なども増えているため、そちらに納骨される方も多くなっています。

まとめ

故人や大切にしてきたペット、人形などのものに対しての供養は、どんな宗教にも共通する儀式です。
故人を偲び、時に思い出を家族で語り合いながら過ごしてみるのも良いでしょう

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

法要 供物

こんにちは、㈱西鶴の津川です。

交野霊園に電車が運び込まれました。これから法要施設として、外装、内装ともに装い新たに生まれ変わります。

皆さんに使って頂けるようになるまでもうしばらくかかりますが、私もとても楽しみです。

今回は、法要の供物について取り上げていきます。

供物とは?

納骨法要の時に施主様がお供えする食べ物のことを指します。

供物に必要なもの

故人の好きだった食べ物、飲み物をお供えします。
また、格式的に執り行う場合には山、海、畑、沼の幸をお供えします。

山の幸
りんごなどの果物類
干しシイタケ
高野豆腐
海の幸
ひじき
昆布

畑の幸
じゃがいも
大根
人参
なすび

沼の幸
レンコン

まとめ

宗教によって、供えるものも変わってくる場合があります。
また、必ずこの供物を揃えるべきだという決まりではないので、自分の気持ちや家族の意向に沿って、気持ちよく法要を執り行うことが大切です。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お盆 お参り

こんにちは、㈱西鶴の津川です。

蒸し暑く晴れ渡る日が続きますね。帽子があっても暑さで気が遠くなりそうな気温や湿度です。
皆さんも体調管理に気を使ってお過ごし下さいね。

今回は、お盆について取り上げていきます。

お盆とは

お盆とは、夏に行われる祖先の霊を祀る一連の行事です。
既に亡くなった祖先が、今現在生きている私たちの生活に影響を与えている。という日本古来からの考え方である祖先崇拝と仏教が合わさってできた行事とされています。

お盆の時期

一般的に8月13日〜8月16日に行われます。
地域によっては、旧暦の7月13日〜16日に行われる所もあります。

お盆の期間に行うこと

13日の夕方に、「迎え火」を焚いてご先祖様をお迎えします。
この送り火は、ご先祖様が迷子にならないようにと願いを込めたものとされています。

14、15日のお盆の間、ご先祖様は精霊棚に滞在すると考えられています。
精霊棚には果物や甘味、お膳などをお供えしましょう。

15日、または16日の夜に「送り火」を焚いてご先祖様をお送りします。
現代では、火を焚くのが難しい所もあるため、電気式の盆提灯がよく使われています。

萬灯祭

本日夜8時〜牧野霊園にて、萬灯祭の送り火イベントを行います。
コンサート、マジックショー、花火大会は行いませんのでご注意下さい。
皆さんのご来園、お待ちしています。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

遺骨の保管

こんにちは、㈱西鶴の津川です。

長い梅雨が終わり、青空が広がる日が増えましたね。
暑さで帽子が手放せない日々が来ました。皆さんも暑さ対策をしっかりとしてお過ごし下さい。

今回は、遺骨の保管について取り上げていきます。

遺骨の保管

遺骨を自宅に置いておくことは違法ではありません。
遺骨の取り扱いについて定めた墓地埋葬法では、「遺骨を埋葬、納骨する場合、市町村に認められた墓地や納骨堂でなければならない」と定められています。

保管方法

焼骨されたばかりの遺骨は無菌状態で骨壺の中に納められています。
骨壺のまま、桐箱の中に入れておくことで桐箱が湿気を吸い取り、吐き出すので、カビの繁殖を防ぐことができます。
高温多湿の場所には置かず、骨壺がむき出しにならないように安置することが一番簡単な保管方法でしょう。

また遺骨を粉骨し、真空パックを施すことで、より安全にカビの繁殖を防ぐことができます。
こちらは、カビを防ぐ最も効果的な保管方法となります。

まとめ

遺骨をどれくらいの量、どのくらいの間保管するのかを考え、自分たちに合った方法で、大切な遺骨を保管することが大切です。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874