骨壷 納骨

こんにちは! ㈱西鶴の津川です。

梅雨に入って雨が多くなってきましたね。昨日は霊園内でカエルを見かけました。
今回は骨壷とお骨について取り上げていきます。

骨壷について

骨壷には大きく分けて、お骨が入られる大きさや地域、入られている部位によって3種類に分けられます。

1.関東
関東地方では多くが全部のお骨を入れる全骨が一般的です。
その分、骨壷の大きさも大きくなっています。

2.関西
関西地方では、それぞれの部位から少しずつ入れていく形が一般的です。
その分、関東地方よりも小さい大きさです。

3.喉仏
小さな骨壷には、喉仏が入っています。
家に置いておきたいと言われるお客様もおられます。

お墓に入るとき

関西では、晒の袋にお骨を移し替えて、納骨をします。
晒は土に還っていくので、年数が経つと自然に還るようになっています。

納骨室に入りきらない場合は、お骨を細かくして納骨します。
納骨室は深いので、全骨の方でも、余裕を持って入ることができるようになっています。

処分するには

納骨した後の骨壷の処分も私たちが請け負っています。
分からないことがあればスタッフに相談して下さいね。
皆さんのご来園、お待ちしています。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

樹木葬 オリーブ バラ

こんにちは。(株)西鶴の津川です。

暑くなってきましたね。自転車で坂道を上がると汗ばむくらいになってきました。
もうすぐ梅雨に入るそうで、聞くだけで蒸し暑くなってきます。

今回は、樹木葬のオリーブについて取り上げていきます。

樹木葬のシンボルツリー

樹木葬のシンボルツリーとして、桜の木やハナミズキ、ツツジの下に眠る形で樹木葬を建てることが多いです。
ハピネスパークでは、オリーブとバラをシンボルとした樹木葬があり、その下に眠っていただく形になります。

オリーブ

千年オリーブの森では、樹齢1000年と樹齢500年のオリーブの下に、


ハピネスパーク交野霊園では、樹齢200年のオリーブの下に眠る樹木葬があります。

オリーブはとても長寿な木で、3000年生きると言われています。
常緑樹なので、冬でも緑の葉があり、寂しくありません。

初夏に花が咲き、秋に実を収穫することができます。

バラ

ハピネスパーク交野霊園では、バラの下に眠る永代樹木葬があります。

ゴールデンウィークごろから咲き始め、見頃を迎えています。

まとめ

故人様が好きだった、自分が好きな花。
花が咲き、綺麗な時期はいつなのか。
冬だと寂しくないか……など
そういった点を考えて樹木葬を選んでみてはいかがでしょうか?
皆さんのご来園、お待ちしています。

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お墓と樹木葬の違い

こんにちは。ハピネスパーク交野霊園の津川です。

暑くなってきましたね。スーツのジャケットを着ると暑苦しいなと感じることが多くなってきました。
先日、母の日のプレゼントで自分で花を選んで母親にプレゼントしました。

母親が嬉しそうにユリの花が開いたよ!と写真を送ってきてくれてとても嬉しかったです。

今回はお墓と樹木葬の違いについて取り上げていきます。

樹木葬とは?

最近よく聞く樹木葬。
一番の違いはシンボルが木や花であることです。
従来のお墓と違って継承者のことや管理費の違いがあって良く分からないという方もいらっしゃると思います。
その違いについて取り上げていきます。

シンボル

樹木葬は、バラやオリーブの下に眠る形のお墓です。
小ぶりの蓋石の下に眠っていることが分かるようになっています。
ハピネスパークでは、樹木葬であってもお墓のの目の前でお参りができる形になっています。

管理費・継承者

樹木葬は、管理費が初期費用の中に含まれているものが多いです。
また、霊園内で従来のお墓をやっている場合は、お墓の管理費で管理をしているところもあります。
継承者や後々の家族に負担をかけることがありません。

分からない点などあれば、気軽にご相談ください。
バラもたくさん咲いて見頃ですので、是非とも一度見に来てくださいね。

皆さんのご来園お待ちしております。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

法要 当日の持ち物

こんにちは。ハピネスパーク交野霊園の津川です。

交野霊園もバラが咲いてきました。去年よりも更にたくさん咲いてくれそうだととても楽しみにしています。

今回は、法要の時に必要なものについて取り上げていきます。

当日に必要なものとしては以下の4つになります。

火葬証明書

火葬したことを証明する書類になります。
大抵は骨壺の入っている骨壺の中に入っていますので、骨壺を持参ください。

数珠

仏事の際に必要となる数珠。法要の時もお寺さんがお経を詠んで下さるのでご持参ください。

遺骨

遺骨がなければ納骨することができないので、必ず持ってくるようにしてください。
骨壺はこちらで処分することができます。

お寺さんへのお布施

開眼供養のお礼として2万円~3万円
御膳料として5千円
御車代として5千円
ほどをご準備ください。

以上が最低限必要なものになります。
分からないところがありましたら、いつでもスタッフにご相談ください。
皆さんのご来園お待ちしております。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

納骨法要の流れ

こんにちは。ハピネスパーク交野霊園の津川です。

暖かくなり、薄い上着で丁度いいくらいの気温になってきましたね。

先日実家に帰った時にベランダで野鳥が亡くなっていました。
近くに飼ってる猫が驚いた表情をしながら座っていたのですが、果たして猫の仕業なのか、第一発見者が猫なのか。と真相が謎のまま、遺体を庭に埋めました。

今回は納骨法要の流れについて取り上げていきます。

納骨法要とは?

納骨法要とは、お墓にお骨を納める法要全般のことを指します。

法要の流れ

  1. 骨壺のお骨を納骨袋に移し替える
  2. お骨の入った晒し袋をお墓の納骨室に納める
  3. お寺さんにお経を上げてもらう

骨壺のお骨を納骨袋に移し替える

当日持参して頂いた骨壺の中に納められているお骨を納骨袋に移し替えていきます。
納骨袋は晒し布でできた袋です。

骨壺のまま納骨するのではなく、袋に>入れることで、年数が経つごとに土に還っていくという特徴があります。

お骨の入った晒し袋をお墓の納骨室に納める

お骨を納骨袋に移し替え終わりましたら、お墓の納骨室に袋を納めます。

納骨室の床は土になっているので、自然に還ることができるようになっています。

お寺さんにお経を上げてもらう

納骨室に納めた後、お墓の蓋を閉めさせて頂き、お寺さんにお経を詠んで頂きます。

以上が納骨法要の大まかな流れになります。
分からない点などがありましたら、いつでもスタッフにお声がけください。
皆さんのご来園お待ちしております。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874