京阪沿線牧野駅より徒歩6分

こんにちは。ハピネスパーク牧野霊園の本多です。

最近は、残暑も和らぎ、日中も過ごしやすい気温になってきました。

外に出たくなる気温ですし、お参りや見学にもっとも適した時期なのではないでしょうか。

さて本日は、ハピネスパーク牧野霊園が選ばれている理由のなかで大切なポイントである ”立地” についてお話させていただきます。

立地の良さ

ハピネスパーク牧野霊園は、京阪本線牧野駅から徒歩6分の立地です。駅からの道は坂や段差がなく、平坦な道となっております。

1. 電車で来られる際は、改札を出て左の出口から出てください。エレベーターがございますので、階段を上る必要はありません。

2. 駅を出ますと、ライフの前の一つ目の信号を渡り、左に曲がってください。

3. その後、一つ目の信号まで200メートルほどまっすぐ進んでください。

最後に. 信号を右に曲がり、300メートルほどまっすぐ進むと、突き当りがハピネスパーク牧野霊園の事務所です。

駅を出発してから、二回(左→右)曲がるだけです

皆様のご来園をお待ちしております。

ご自宅からの道案内はコチラをクリックしてください。

 

 

 

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

秋彼岸について

こんにちは!ハピネスパーク牧野霊園の本多です

こんにちは!ハピネスパーク牧野霊園の本多です

本日は、9月19日から25日までの秋彼岸(彼岸)についてお話させていただきます。

彼岸とは?

彼岸とは中日である「秋分の日」にはご先祖様に感謝をして、前後をあわせた6日間は、悟りの境地に達するための修行をおこなう日とされています。

お彼岸を迎えるにあたって、仏壇やお墓の掃除をされる方も多いのではないでしょうか?

「彼岸」の由来

仏教では、極楽浄土は西方にあると考えられています。そして一年に二度ある昼と夜の時間が同じになる日(春分と秋分)には太陽が真西に沈むため、沈む太陽を拝み、遠くかなたの極楽浄土に思いを馳せたのが由来と言われています。

そして、今では先祖の供養へと趣旨が変化したと言われています。

実際に、お彼岸の時期はお盆と並んで、お参りの方も非常に多い季節となっています。

今年のお盆の時期はとくに暑さが厳しかったですが、お彼岸にはもっと快適にお参り・ご来園いただけますので、ぜひ、お越しをお待ちしております。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

塔婆供養について

こんにちは!ハピネスパーク牧野霊園の本多です。

最近は、暑さが厳しくなってきましたね。年々暑さが増してきているように感じるのは私だけでしょうか?

さて、本日は、塔婆についてお話させていただきます。

塔婆とは

塔婆とは、卒塔婆とも言い、梵語のストゥーパが言葉の由来です。

ストゥーパとは、仏教の世界観である涅槃の境地を意味する言葉だそうです。

ストゥーパとはもともと、釈迦が荼毘に付された際に残された仏舎利(お骨)を納めた塚でした。

塔を立てて供養することは功徳があるとされていて、これが日本にも伝わり、五重塔や五輪塔などが造られるようになりました。

そして、さらに簡略化したものが、法要で用いられる塔婆です。

浄土真宗では、塔婆供養は行いません。

古い塔婆は寺院や霊園に処分をしてもらえるので、一度相談してみるとよいでしょう。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お施餓鬼について

こんにちは

ハピネスパーク牧野霊園の本多です。

梅雨も終わり、夏本番となって暑さが厳しい季節ですね。今年は、マスク着用も相まって、今まで以上に熱中症にならないように注意が必要そうですね!

環境省・厚生労働省が、適宜マスクを外すことで熱中症にならないよう注意を呼び掛けています。

屋外で、人との距離が2m以上離れている場合には適宜マスクを外して休憩することを喚起しています。

お墓参りの際も、こまめに水分補給をして、熱中症にならないように休憩しながらおこなってくださいませ。

施餓鬼会

施餓鬼会とは、お盆の行事として行われることの多い儀式です。

生前の罪のために成仏できず、飢え苦しんでいる亡者に食べ物を施して供養するというものです。

この供養をすることで功徳が施主や先祖にまで及ぶため、先祖供養にもなるとのことから、お盆におこなうことが多いそうです。

ただし浄土真宗では、死者はすべて極楽浄土に往生していると考えられているため、施餓鬼会はおこなわれません。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

初盆 とは?

こんにちは、ハピネスパーク牧野霊園の本多です。

本日は、お盆までもうすぐということで、初盆についてお話させていただきます。

初盆とは?

亡くなられて初めて迎えるお盆を初盆、または新盆といいます。お盆の時期には一年に一度、死者の霊魂が現世に戻ってきて家族の元を訪ねてくるとされています。そのために供養を行います。

そして初盆の場合は、亡くなってから初めて戻ってくるお盆ですので、特別に丁重に供養を行うことが一般的です。具体的には遺族や親族、故人が親しくしていた友人知人を招き、僧侶に読経していただく場を設けることが一般的です。

迎え火と送り火

盆の入りの夕方に、家の前で火を焚き祖先の霊を迎えることを送り火といいます。

反対に、盆明けの夕方に火を焚いて霊を送る行事を送り火といいます。個人の家で行うものから地域的なものまで大小たくさんの行事が催されます。一番有名なものには、京都の五山の送り火があります。

今年は、観客の密接を避けるために、五山の送り火は規模を大幅に縮小して行われるようです。。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874