いつ納骨する?

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

日中は動くと汗が滲みますが、かなり過ごしやすくなりましたね。

今日は、家族が亡くなって、葬儀・火葬も終わった後の、
お骨を納めるタイミングについての話です。

納骨とは

納骨(のうこつ)とは、亡くなられて火葬も済まされた方のお骨をお墓・納骨堂へ納めることです。

後述しますが、亡くなられた方のお骨は、どこにでも埋葬することができるわけではありません。
お墓・納骨堂に納めないうちは、家に置いておくことになります。

期限は?

いつまでに納めないといけないという決まりや法律はありません。
気持ちが落ち着くまで家に置いておきたい…と思うなら、
そうしても問題ありません。

納める時にはどうしたらいい?

そろそろお骨を納めようかなと思われた時には、いくつか手順があります。

①お墓・納骨堂のある管理者へ連絡する。その際、あらかじめ納骨する日の候補をいくつか挙げておく。
②納骨の際にお経をあげてもらうお寺様を手配する。懇意にしているところがなければ、霊園側に紹介してもらえることもあります。
③お墓・納骨堂の管理者へ納骨をしたい旨を連絡し、日時を決める。

慌てないようにするには

納骨にさしあたり、お墓などの納める先が無いと、納骨することはできません。
亡くなられてからいつまでに納骨しないといけないという決まりはありませんが、
納骨できる場所は法律で定められています。

納骨堂・霊園は建てる際に許可を取っていますので、安心して納骨できます。
しかし、たとえ自分の土地でも、許可をとっていなければ人骨を埋葬してはいけません。
法律違反に当たります。

したがって、先祖代々のお墓が無い場合には、生前に用意しておくと慌てなくて済みます。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

熨斗とは?

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

9月も半ばに入り、朝晩は少し冷えるくらいに涼しいですね。

風邪はひかないように、過ごしやすい季節を楽しみたいです。

熨斗とは?

返礼品やお布施の包みで見かけます

回忌法要に来られた方への返礼品(カタログギフトなど)や、
お寺のお坊さんへ渡すお礼であるお布施を包むときに見られるものです。

もっと広い範囲だと、結婚・出産など様々なお祝い事でも目にしますね。

種類がある

蝶結びや結び切(むすびきり)など、種類がたくさんあります。
お墓と関わりが多いものですと、結び切を使っていただくのが一般的です。
結び切の熨斗は、1度きりであってほしいことに対して用いられます。

色はどれにするべき?

開眼(納骨)法要の際は、紅白の結び切を、
納骨法要のみの際は黄白の結び切のものをおすすめさせていただいています。

お墓とはちょっと距離を感じる表現かもしれませんが、
開眼法要はお墓の完成のお祝いでもあります。
お家の新築祝いのようなものです。
したがって、開眼法要の場合は紅白をおすすめしています。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

熱中症対策も欠かさずに

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

まだ暑い日が続きますね。直射日光は避け、温度管理と水分補給に気を配らなければ…と感じています。

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、マスクの着用がいまだ欠かせませんね。
霊園へは、お墓参りもしくは法事で訪れる方が多数かと思います。その際でもマスクの着用をお願いしていますが、厳しい暑さが続きますので、熱中症などにも気を配っていただければと思います。

他の方と距離をとるのが難しい場合

特に日中は日差しが強く、気温もまだ夏のようです。熱中症などの危険もありますので、お墓参りの際など、ほかの方と十分な距離がとれる場合は熱中症対策を優先してください。できるだけ近距離での会話を控えることも、飛沫の飛散を避ける手段として有効です。

法事の際には

法事の際には黒などのフォーマルな服装が推奨されていますが、マスクも黒でないといけないということはありません。ハピネスパークのスタッフも白などのマスクを着用しております。不織布以外の通気性の良いマスクなどもうまく利用したいですね。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

お彼岸

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

お盆も明け、もうすぐ8月も終わりですね。お盆中は多くの方に足を運んでいただき、ありがとうございました。

お盆の次は?

次は秋の彼岸

お盆は亡くなられた方の魂が帰ってくるとされていることや、
夏休みの方が多いということもあって、お墓参りをされる方が多かったですね。

季節の流れに沿うと、次は秋のお彼岸にお参りをするという考えがあります。

秋彼岸はいつ?

秋の彼岸は、秋分の日を真ん中(=中日)として、その前後三日間、
つまり1週間のが期間となります。

今年は9月22日が秋分の日なので、9月19日から9月25日ですね。

おはぎとぼたもち

ハピネスパークではスタッフが常駐していますので、
お彼岸中でもそうでなくても、いつでも足を運んでくださいね:)

秋の彼岸には、季節に合わせておはぎを食べるのもおすすめです!

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874

迎え火と送り火

こんにちは!
ハピネスパーク交野霊園の四ツ辻です。

7月末までの雨が嘘のように、厳しい日差しが続きますね。
意識して水分補給に気を配りたいと思います。

今月8日起きた、大文字のライトアップには驚かされました。
今回は、迎え火と送り火について取り上げます。

送り火は魂を導き、送り火は魂を送り出す行事

送り火とは、お盆にこの世へ帰ってきた死者の霊があの世へ帰っていくのを送り出す行事です。
反対に、死者の霊があの世からこの世に帰ってくるのを導くというのが、「迎え火」の考え方です。

京都の「五山送り火」が有名

規模も大きく、有名な送り火といえば京都の五山送り火が挙げられます。
今年は新型コロナウイルスの影響を鑑み、規模が縮小されるそうです。

ほおずきと迎え火

お盆の時期になると、お供えの花と一緒にほおずきを入れている様子を多く目にするのではないでしょうか。
ほおずきは、お祭りなどで飾られる提灯と同様に、あの世から戻ってくる魂が迷わないように、明かりのような役割をするという考え方からくるもののようです。

ホームページhttps://e-saikaku.co.jp
ハピネスパーク交野霊園〒576-0061 大阪府交野市東倉治2-1521
TEL 0120-21-1948
ハピネスパーク牧野霊園〒573-1148 大阪府枚方市西牧野2-857-1
TEL 0120-15-8874
千年オリーブの森〒573-0114 大阪府枚方市穂谷大字4566番地
TEL 0120-41-8874