Just another WordPress site

お客様の事例

トップ > お客様の事例 > ハピネスパーク牧野霊園

事例一覧ハピネスパーク牧野霊園 (315件)

 

Vol.461 桑原様 【枚方市招提在住】

Vol.461 桑原様 【枚方市招提在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 M1-H(インド産)
オプション ローソク立て

Vol.461 桑原様 【枚方市招提在住】

将来のことを考えると、駅から近い立地は魅力的でした。

Vol.460 宮尾様 【枚方市楠葉在住】

Vol.460 宮尾様 【枚方市楠葉在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 華秀石(インド産)
オプション ローソク立て

Vol.460 宮尾様 【枚方市楠葉在住】

家からも駅からも近く、バリアフリーなところに惹かれました。

Vol.458 渡邊様【八幡市在住】

Vol.458 渡邊様【八幡市在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 黒龍石(中国産)
オプション ローソク立て

Vol.458 渡邊様【八幡市在住】

家族皆が、お墓参りに行きやすい霊園を選びました。

Vol.457 佐藤様【枚方市小倉在住】

Vol.457 佐藤様【枚方市小倉在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 0.75聖地(0.6075㎡)
(幅675mm×奥行き900mm)
デザイン パルウム型(洋型)
石種 華秀石(インド産)
オプション ローソク立て

Vol.457 佐藤様【枚方市小倉在住】

家から近い、立地が良い、管理が行き届いているという三拍子が揃った霊園でした。

Vol.456 河崎様【枚方市西牧野在住】

Vol.456 河崎様【枚方市西牧野在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 華秀石(インド産)
オプション ローソク立て

Vol.456 河崎様【枚方市西牧野在住】

近くにきれいな霊園が出来たと聞き、環境が良く、スタッフ対応も良かったので選びました。

Vol.453 渡部様【守口市在住】

Vol.453 渡部様【守口市在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 0.75聖地(0.6075㎡)
(幅675mm×奥行き900mm)
デザイン パルウム型(洋型)
石種 華秀石(インド産)
オプション 石張り、ローソク立て

Vol.453 渡部様【守口市在住】

将来的に自分達も使っていくお墓、馴染みのある土地を選びました。

Vol.447 木崎様【枚方市西牧野在住】

Vol.447 木崎様【枚方市西牧野在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1.5聖地(1.215㎡)
(幅1000mm×奥行き1215mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 華秀石(インド産)
オプション 石張り、ローソク立て

Vol.447 木崎様【枚方市西牧野在住】

母親想いの息子が納得するような場所を探していました。

Vol.445 長池様【枚方市牧野阪在住】

Vol.445 長池様【枚方市牧野阪在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1聖地(0.81㎡)
(幅900mm×奥行き900mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 インド黒(インド産)
オプション 石張り、ローソク立て

Vol.445 長池様【枚方市牧野阪在住】

良い立地の霊園なので、孫も子供も集まる機会が増えると思います。

Vol.443 入江様【枚方市招提南町在住】

Vol.443 入江様【枚方市招提南町在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 1.5聖地(1.215㎡)
(幅1000mm×奥行き1215mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 Y-1(インド産)
オプション 石張り、ローソク立て

Vol.443 入江様【枚方市招提南町在住】

公園のようにきれいで、お墓っぽい暗い雰囲気がありませんでした。

Vol.438 寺農様【枚方市在住】

Vol.438 寺農様【枚方市在住】

墓所 ハピネスパーク牧野霊園
広さ 3聖地(2.43㎡)
(幅2000mm×奥行き1215mm)
デザイン アントス型(洋型)
石種 黒龍石(中国産)
オプション 石張り、ローソク立て、霊標

Vol.438 寺農様【枚方市在住】

お墓が家や小学校の方を向いており、お父さんが見守ってくれるように感じます。

1 / 3212345...102030...最後 »